デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 表紙画像
最新巻は2巻です。 (未完)

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

おとなしい女の子である由菜はある日、男友達の家に遊びに行くこととなる。そこで出会ったのは昔、由菜の身体を弄んだ男であった。男の部屋に連れ込まれた由菜はその未成熟な身体を再び犯されてしまい…

ココがみどころ!

  • ウブな女の子を真っ黒な欲望で汚してしまう!
  • 何も知らなかった由奈がエッチに溺れていく様がエロい!
  • 快感に悶えた由奈のエロい表情は必見!

キャラクター相関図

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 相関図

キャラクター紹介

由菜

主人公。おとなしい女の子で、押しに弱い。過去に無理やり犯された経験を持っており、それを忘れようとしている。

広瀬たけし

由菜に好意を持つ男の子。1カ月前に由菜に告白したが、返事をはぐらかされている。勇気を出して由菜を部屋に連れ込んだはいいものの…

広瀬兄

たけしの兄。由菜を無理やり犯した経験があり、彼女とは偶然再会する。由菜を部屋に連れ込んでその無垢な身体を再び犯しはじめる。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(3/5) / エロさ(4/5)

ヤバイくらい女の子が可愛い。ただ、終わり方がちょっと中途半端な気がしたので続編希望!

クローバー(2017年7月13日)

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(3/5) / エロさ(4/5)

普通に考えるとかなりひどい話なのですが、漫画なのでアリとして。とにかく幼く見える由奈ちゃんの乱れる姿がエロすぎる! ロリ系好きなエロ重視なら楽しめるだろう。

もぐら(2017年7月13日)

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(3/5) / エロさ(4/5)

由奈ちゃんがほんとに可愛くて、ロリ系が好きなら絶対好きな感じの作品です。 穢れを知らない女の子が快楽に堕ちていく、その姿は、まさに興奮モノですね。

くまくーま(2017年8月2日)

ゆれ動く幼い恋心をどす黒い欲望で上書きする! 堪らなくエロい背徳感に満ちた作品!

「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」の売りは何と言っても幼い由菜の心をどす黒い欲望で塗りたくっていくその過程です!

主人公である由菜は幼く、おとなしい女の子。思春期真っ盛りな彼女の頭の中は恋心でいっぱいです。

年上の男性に恋をした由菜は、うまくいかずに終わってしまったその恋を忘れようとしていました。

そんな中で、男友達のたけし君に告白された由菜。前の恋のことがいまだに忘れられずに返事ははぐらかしていた由菜は、ある日のことたけし君の部屋へと遊びに行って、そこでキスをする。

思春期らしいちょっぴり甘めなそんなやり取りを見て「青春してんなー」とか思うわけですが、幼くもみずみずしい恋はそこまで。

突然部屋に現れたのはその昔、由菜の身体を無理やり犯した男。

偶然出会ってしまったその男、広瀬兄に由菜は無理矢理部屋へと連れ込まれてしまいます。

そこからはお待ちかねのエロ描写! 鬼畜な男に最初だけは抵抗していましたが、結局は力に負けてしまい膣内への挿入を許してしまいます。

その未成熟な身体を犯されながら、快感に思わずあえぎ声が漏れていく。そんな中で扉越しにたけし君の声が聞こえてきます。さっきまでキスをしていた男の子のすぐ近くで犯されるその描写は幼い由菜の心を弄ぶ背徳感に満ちています。

その様子が思いっきりエロいのです! 未成熟で未発達な心の清い女の子にドエロい事を教えていくのは堪りません!

幼い由菜はエッチの最後にこう言います。「赤ちゃんできちゃうから膣内に出さないで」と。ただし、その言葉は膣奥を突かれる気持ちよさでろれつが回らなくなっていました。

そんなん嗜虐心で堪らなくなるよね! 出しちゃうよね、膣内に!

清い女の子を真っ黒な欲望で汚すその感覚! これは非常に素晴らしかったです。

幼い由菜がエッチに溺れていく、その様子がエロい!

「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」の見逃せないポイントは由菜がセックスの気持ちよさに溺れていくその過程にあります。

由菜は胸も小さければ、お腹もぽっこりしていて幼さが残る身体つきです。

性格もおとなしめで普通ならセックスなんて知らないであろう女の子。そんな娘がエッチの快感に溺れていくというのだから見応えもあります。

最初のエッチシーンでは過去に経験があるとは言え、まだまだその気持ちよさを受け入れられないといった様子でした。

挿入される時もほとんど広瀬兄のなすがまま。彼女自身積極的な様子を何ひとつ見せてはいませんでした。

しかし、一度その気持ちよさを覚えてしまえばそう簡単には忘れられません。しかも相手はセックスに長けている年上のお兄さん。そんな人に無理やりながら快感を植え付けられてしまったのです。

その快感に蝕まれていく様子、本当に堪らなくエロいです。

しかも様子をていねいに描写していきます。

途中、由菜はたけし君とセックスをします。しかし、由菜はすでに広瀬兄との濃厚なセックスを覚えてしまっています。そんな彼女はたけし君との「お子様セックス」では満足できない身体になっていました。

たけし君とセックスをした夜、由菜は快感を求めてオナニーをしてしまいます。家族に聞こえないように声をおさえて快感をむさぼる由菜は正直かなりエロいです。

そして、由菜は広瀬兄へともう一度会いに行ってしまいます。前のセックスの時に撮られた写真を使って脅迫されたからです。

しかし、その脅迫は由菜にとって言い訳でしかありません。本当はもうセックスしたくてしょうがないのです。

それを見抜いた広瀬兄はとうとう言い放ちます。

「挿れて欲しかったら…分かってるよね?」と。

王道ながら素晴らしい展開運びです!

快感を受け入れてしまった由菜はもう止まりません。幼い身体つきで積極的なエッチ。挿れやすいようにお尻を上げる仕草、騎乗位で快感に腰をくねらせる様子などはもう快感のとりこである様子がうかがえます。

エロ漫画的には王道展開ですが、王道かつ丁寧な描写こそが「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」の魅力なのです。

エロシチュエーションを彩るのは細かで豊かな表情によるもの!

「デキちゃうけど、ナカでもいいよね。」はエロシチュエーションや展開運びについて優れています。ですが、それを彩る絵柄、特に「豊かなエロい表情」には注目するべきでしょう。

由菜の表情、特に快感にもだえる彼女のその顔がとにかくエッチで、魅力的なのです。

幾つか表情の優れたシーンを挙げます。

まずは胸や膣を弄られている際、口を服の袖でおさえながら声を押し殺している表情が素晴らしい。

声を出してはいけないと口を塞ぎつつも「ふっ、ふっ」と息が漏れてしまっている表情。

これにはグッとくるものがあります。

次は何度もイってしまい、快感以外のことが何も考えられなくなっているシーン。

抵抗する気も起きずにただただ快感に溺れている表情がとてもエロく、嗜虐心をそそります。

そしてこの漫画はシーンごとに表情を対比してみても面白い。

例えば最初のエッチシーン、バックで突かれながらも快感に口が緩み、舌を出している表情があります。これ単体でもエロくて堪らないのですが、後のエッチシーンと比べるとその表情の豊かさが分かります。

由菜は話数が進むごとに快感に溺れていく様子が描かれていくのですが、その際にもだらしなく口を開けているシーンがあります。

ここでは前半とは違い快感を受け入れ、エッチを楽しんでいるような表情が垣間見えます。

私はその表情が堪らなくエロいと感じました。

豊かな展開運びをきちんと乗せつつ、エロい表情を描けている。これがこの作品の完成度を高めているのだと思います。

はエロシチュエーションや展開運びについて優れています。ですが、それを彩る絵柄、特に「豊かなエロい表情」には注目するべきでしょう。

由菜の表情、特に快感にもだえる彼女のその顔がとにかくエッチで、魅力的なのです。

幾つか表情の優れたシーンを挙げます。

まずは胸や膣を弄られている際、口を服の袖でおさえながら声を押し殺している表情が素晴らしい。

声を出してはいけないと口を塞ぎつつも「ふっ、ふっ」と息が漏れてしまっている表情。

これにはグッとくるものがあります。

次は何度もイってしまい、快感以外のことが何も考えられなくなっているシーン。

抵抗する気も起きずにただただ快感に溺れている表情がとてもエロく、嗜虐心をそそります。

そしてこの漫画はシーンごとに表情を対比してみても面白い。

例えば最初のエッチシーン、バックで突かれながらも快感に口が緩み、舌を出している表情があります。これ単体でもエロくて堪らないのですが、後のエッチシーンと比べるとその表情の豊かさが分かります。

由菜は話数が進むごとに快感に溺れていく様子が描かれていくのですが、その際にもだらしなく口を開けているシーンがあります。

ここでは前半とは違い快感を受け入れ、エッチを楽しんでいるような表情が垣間見えます。

私はその表情が堪らなくエロいと感じました。

豊かな展開運びをきちんと乗せつつ、エロい表情を描けている。これがこの作品の完成度を高めているのだと思います。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)