義父と兄から無理矢理、奥まで…  表紙画像
最新巻は16巻です。 (完結)

義父と兄から無理矢理、奥まで… 

女子高生である遠藤美咲は母親、サエコの再婚により新たな父親の博之とその息子である貴史と暮らすこととなる。だがそれが彼女にとっての地獄の始まりだった。博之は母を人質にして美咲へと関係を迫ってきたのだ。母のため美咲はそれを断ることができず、嫌々ながら義父と肉体関係を持つことに。さらには眠る美咲の元に現れた義兄、貴史の手が彼女の乳房をねぶりはじめる…。

ココがみどころ!

  • 母を人質にされ拒めない少女を弄ぶ義父・義兄のこれ程までかというクズっぷりが見どころ!
  • 複雑な人間関係によって展開される群像劇は惹き込まれる魅力!
  • 最後に待つのは家族の破綻かそれとも…、衝撃の結末が見どころ!

キャラクター相関図

義父と兄から無理矢理、奥まで…  相関図

キャラクター紹介

遠藤美咲

主人公。女子高生でバスケ部のマネージャーをしている。気立ての良い美人で、母親想いの優しい女の子。しかしそれがわざわいして博之の脅迫に屈し、身体を許してしまう。

遠藤博之

サエコと再婚することで美咲の義父となる。会社で部長を務めている。母親サエコを盾にして美咲に関係を迫る。

遠藤貴

父、博之の再婚により義母、サエコと義妹、美咲と共に暮らすようになる。引きこもりで根暗な性格。いつも部屋に引きこもって、エロ動画などを眺めている。義妹、美咲に倒錯した愛情を向けるようになる。

沢田ナオキ

高校生。1年生ながらバスケ部のレギュラーに選ばれており、爽やかな性格のイケメン。美咲の彼氏で、彼女のことを大事にしている。

優希

美咲とナオキのクラスメイトで、美咲とは友達の間柄。友情よりも恋を優先してしまうタイプ。その昔、博之と関係を持っていた。それをネタに博之を脅迫する。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(5/5)

キモすぎる親子に拍手したい!ストーリーも最高に面白かったぞ。

パオパオ(2017年7月13日)

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(4/5) / エロさ(5/5)

容赦無い鬼畜っぷりかすごいですね。 無理やり肉体関係を持とうとする義兄と義父の気持ち悪すぎて、生々しさが半端ないです。 フルカラーなのがさらにgoodですね。

くまくーま(2017年7月31日)

脅迫されて拒むことができない美少女。そんな彼女に向ける2つのどす黒い情欲が見どころ!

「義父と兄から無理矢理、奥まで…」では美人で優しい性格の少女、美咲が義父と義兄に脅迫され、身体を弄ぶ様がこれ程かと言うくらいに見ることができます。

まず義父からは「せっかく再婚できて幸せな母親を悲しませたくないだろう?」と脅され、肉体関係を迫られます。母親想いで優しい性格の美咲はそれを拒むことができません。

また、美咲の母、サエコはその昔、再婚しようとしましたが、美咲が原因となって破局してしまった過去があります。そしてサエコは女手一つ苦労して美咲を育てている。その苦労を美咲は誰よりも理解しています。

博之は財力に恵まれており、そんな夫と結婚したことでサエコの生活は以前とは比べものにならないほど安定しました。また、サエコは心から夫を愛しています。

そんな彼女を苦しめたくない! その想いで優しい性格の美咲は父の脅迫を拒むことができません。

 

自分のお願いを何ひとつ断らない美少女。しかも若く、その身体は女子高生と言えども既に「女」として仕上がった身体をしています。

そんな彼女を前に博之はやりたい放題です。

サエコにバレるかバレないかというギリギリのラインで仕掛ける美咲への性指導の数々。

母親と熱いディープキスを交わしながらその下では娘の美咲に自らの逸物をしゃぶらせるのです。

まあドクズですよね(笑)。

しかし、美咲が嫌々ながらに性指導を受け、女の本能に逆らえず感じてしまう仕草には堪らないエロさがあります。

 

そして美咲に伸びる魔の手は1つだけではありません。 義兄である貴史もまた、美咲に倒錯した愛情を向けます。 博之も想像を絶するほどのクズですが、貴史もまたそれに輪をかけてのドクズです。 自宅のあらゆる場所に監視カメラを設置し、美咲の痴態を随時観察しています。美咲の眠っている様子を観察するのは当然として、お風呂やトイレにも監視カメラを設置しています。美咲の痴態を観察するためには引きこもりでありながら外出するも辞さない貴史。彼女の通う高校に忍び込んでまで彼女を盗撮します。

 

凄まじいほどのクズです。妥協がない。 そしてついには眠っている彼女の乳房へと手を伸ばす。 いやそれどころじゃありません。彼女に睡眠薬を飲ませて眠っている美咲へと中出しを決めます。

このことを知った父、博之は「我ながら恐ろしい息子を持った」と言っています。恐ろしいどころではないような…。

それはともかくとして、とうとう博之と貴史は結託して美咲を嬲り始めます。 クズ2人によるヤりたい放題の調教です。それはもう容赦がありません。 これが「義父と兄から無理矢理、奥まで…」の見どころなのではないかと思います。

複雑な関係性によって進展する人間ドラマはただのエロ漫画とは言えない面白さを放つ!

先に言った通り「義父と兄から無理矢理、奥まで…」では主人公、美咲の弱みを握ったことによりドクズ2人がヤりたい放題するエロ漫画です。 それも十分見応えがあり、この辺の性癖を持っている人にはオススメできる作品だろうと思います。

 

しかし、本作の魅力はこれだけではありません。 単純に群像劇モノとして優れている点が「義父と兄から無理矢理、奥まで…」の魅力だと思います。

序盤は美咲が良いように嬲られるエロマンガです。そこに美咲の母、サエコや彼氏のナオキなどが「人質」として加わることはあれども、美咲がただただ嬲られ続けることには変わりません。 しかし、途中からだんだんと様子が変わってきます。その発端となるキャラクターが美咲の友達である優希です。 彼女、実は博之と援助交際をしていた経験を持っています。博之にとってもこれは苦い過去であり、これを脅迫材料として優希は博之を操ろうと目論見ます。 その目的は美咲とナオキを別れさせること。実は優希、ナオキに恋心を抱いています。 しかし、ナオキの気持ちは美咲に向いていた。美咲とは友人関係ですが、彼女にとってナオキを独占する美咲は敵でもあるのです。 従って優希は独自に行動を起こし始める。博之にとっては弱味を握られている相手。 ここに来て博之は狩る側から狩られる側にも変化する。ようやく彼の焦る表情が見られて読者的には嬉しい場面です。

そして優希が登場し始めた頃から物語も大きく動き始めます。今まで全てが博之の算段の上で成り立っていましたが、彼の図らぬところで物語が動き出したのです。 ここには美咲の母であるサエコと彼氏であるナオキも「人質」から当事者へと変わってきます。

この群像劇感が「義父と兄から無理矢理、奥まで…」を読ませる魅力となっているのです。

登場するキャラクターが「人間」として描かれているところが魅力!

ここも大きな魅力です。

「義父と兄から無理矢理、奥まで…」の登場人物は優しくて可愛い少女、美咲をクズ2人が犯すだけの漫画ではないのです。 クズである博之と貴史はただのクズではありませんでした。いや、クズはクズなのですが、ちゃんとここに至るまでの経緯があるのです。同情はできませんが、ただのクズではない事は確か。

そして美咲、サエコ、ナオキもまた、人間として描かれています。彼女らもまた、間違いを犯してしまう人間なのです。

物語を読み進める内にこの辺りがきちんと分かってきます。 そして本作に登場する人間たちが最後にどういう結末を迎えるのか、これも「義父と兄から無理矢理、奥まで…」の見どころであると思っています。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)