藤ます先生によるオムニバス形式の短編が多数収録された単行本作品。可愛さの中に隠れた下品さが性欲を刺激する、イチャイチャ系作品が多数収録されたエッチな1冊。

ココがみどころ!

  • イチャイチャ系で普通のセックスなのになぜかとってもエロい! 絵、淫語、表情作りが本当に巧み!
  • 激しいセックス描写が最大の魅力! 絵も相まって言い知れぬエロさを醸し出す!
  • 淫語の連発! 可愛くて上品な娘が下品な淫語をいう瞬間のエロスが堪らない!

キャラクター相関図

君がため心化粧 相関図

キャラクター紹介

先生

超巨大企業「鰐島商事」に勤めている男性で、『Magic Interpretation』および『Magical Custamise』の主人公。立派な経歴を持っている反面、重度のオタク。彼女である荒川悠里からは「先生」と呼ばれ、慕われている。

荒川悠里

超巨大企業「鰐島商事」に勤めているOLで、「先生」の彼女。重度のオタクで、ひょんなことから「先生」が同好の士であることを知り、意気投合する。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(5/5)

こんなにもエロ純度が高い作品があっただろうか? ・・・と、過去に読んだ膨大なエロ漫画を振り返らざるを得ないと感じさせられる「君がため心化粧」。 エロ漫画付きで未読の方はいないかもしれませんが、もしも、もしも読んでないなら、絶対に読むべし一冊!!

ストーンハイム(2017年8月2日)

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(5/5)

表紙の絵がタイプなので読んでみたのですが、正直、驚きました。 絵はもちろん綺麗でタイプなのですが、エッチシーンの濃厚な事と言ったら…これはたまりませんね。 どの作品もドキドキしながら読ませていただきました。

くまくーま(2017年8月5日)

イチャイチャ系にも関わらず半端ないエロス!? そのエロさが魅力的な1冊!

君がため心化粧』は数ある成人向け作品の中でもとりわけエロく、そして激しいセックスを楽しめるイチャイチャ系単行本となっています。

収録されている作品は全てイチャイチャ系シチュエーション! 互いの関係性としては同僚、夫婦、大学の同期、サークル仲間などの違いはありますが、最終的にはイチャイチャしてセックスするとかいう王道にして完成された至高の1冊です。

ただ、ここまでは他の作品でも読めるような気がします。敢えてこの作品を推す理由はない。

しかしながら、私はこの『君がため心化粧』を強く推したい。  何故ならこの単行本、ただのイチャイチャ系ではないのです。半端なくエロいんです。

成人向けだからエロいのは当たり前なのですが、イチャイチャ系であるにも関わらずここまでエロいのは稀です。エロさを求めるならばアブノーマル性や背徳感を押し出した浮気系やおもちゃ系などに振るのが常道! しかし、この作品はイチャイチャ系というノーマルなセックスを描写しながらも、非常にエロい描写を作ることに成功しています。

エロスの秘訣は激しいセックスと作画力! 作家としての力量が伺える!

藤ます先生の作品のエロスはどこから来ているのか。それはまず激しいセックスにあります。  イチャイチャ系でありながらお互いを強く求めあう激しいセックス! 膣がにちゃにちゃといやらしい糸を引くらいに濡れ、フェラチオ1つとってもすっぽんのように食らいつく激しさが堪らないエロスとなっている! そして腰と腰を重ね合う際は激しく強くが当たり前! 相手の子宮を押しつぶすがごとく激しく腰を振る様子、それに応えて気持ちよさを前面に出した女の子のアヘ顔! これが非常にエロい! このエロさが溜まりません!

そして当然ながら藤ます先生の作画力もエロさを惹きたてる原動力になっていることは間違いないでしょう。  若干ロリ気味な作画で、おっぱいは柔らかそうにちょっと垂れ、反面乳首はちょっと上向きでむしゃぶりつきたくなる感じ。膣に挿入する際に太腿を握れば形を変える作画からは女の子の柔らかさがこれ程かというくらいに伝わってくる。  この作画力がエロスでなくてなんだというのでしょうか!

そして可愛さの中にある下品さを描写した淫語にあった!

エロスを感じる描写はまだまだあります。それは可愛さの中に下品さをみる淫語の活用!  登場する女の子は可愛くて上品で、綺麗な娘たちばかりです。

しかし、一度セックスの快楽を覚え始めると、気持ちが乗っていくのか淫猥な単語をバンバンと繰り出してくれます。  普段の可愛さとその下品さ、このギャップがイチャイチャ系でノーマルなセックスであるにも関わらず半端ないエロスを惹きたててくれているのだと分かります。  私オススメの短編『Magic Interpretation』では普段は可愛くて上品な荒川悠里さんがセックスになると、

おちんぽおちんぽ♡ このおちんぽ入れて欲しいよおぉっ♡」「くりぼっきしちゃいます♡」「おちんぽおいしくて…♡ ひだひだでおちんぽにしゃぶりついちゃってますう♡♡

などの淫猥で下品な単語を連発する。    こんなん反則やん? 正直、エロ過ぎると思います!

このような理由があり、イチャイチャ系かつノーマルなセックスでありながら半端ないエロスを醸し出しているのでしょう。

どんな人にオススメしたい?

まずイチャイチャ系好きにはオススメしたいですね。安心して読める1冊ということは間違いないでしょう。そしてノーマルでありながらのエロスを求めている人にも積極的にオススメしたい。このエロスが素晴らしい魅力となっている1冊ですので。

ちなみに登場人物のほとんどは大人なのですが、作画は若干ロリ気味です。私としてはどんと来いくらいの気持ちですが、ロリ趣味でない人には合わない可能性もあるでしょう。ただ、かなりエロいので作画の食わず嫌いは勿体ないとも思えるくらいのクオリティの高さを誇っていることは私が保証します。

あと基本的な性癖はノーマルだと思いますが、若干臭いフェチや目隠しプレイなどがあるので、そういう部分だけ少しアブノーマルかも? ただ、これくらいならノーマルだと言い張れます。なんにしてもこれくらいのイチャイチャで半端ないエロスというのは珍しいのでお手に取るべきでしょう。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)