ヤりたい放題学園祭〜全校女子がボクのいいなり! 表紙画像
最新巻は6巻です。 (未完)

ヤりたい放題学園祭〜全校女子がボクのいいなり!

地味で冴えない青年である須藤道貞。ある日のこと、聖逢女子学園の学園祭招待チケットを入手する。聖逢女子学園の学園祭は「学園祭中は生徒に何でも命令することができる」という夢の制度があって…

ココがみどころ!

  • 「学園祭中は何でも命令して良い!?」そんな特殊なルールのもと、次々と女の子に手を出せる様子に魅力がある!
  • 全編フルカラーのイラスト絵は大きな魅力!
  • 「何でも命令できる」が敢えて紳士な態度を示す主人公が面白い!

キャラクター相関図

ヤりたい放題学園祭〜全校女子がボクのいいなり! 相関図

キャラクター紹介

須藤道貞

18歳の青年で、彼女ができたことのない地味で冴えない人物。聖逢女子学園の学園祭招待チケットを偶然にも入手する。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(4/5) / ストーリー(3/5) / エロさ(4/5)

こんな学園祭最高ですね^ ^ 女の子をいいなりにできるのに、相手を思いやる気持ちを持ち続ける主人公っていう設定も良いなって思いました♪

元サーファーで、今メタボ。(2017年8月8日)

出会う女の子全てがセックスの対象!? 世界観に大きな魅力を持つ作品

ヤりたい放題学園祭〜全校女子がボクのいいなり!』は桃源郷のような世界観に大きな魅力を持つ作品です。

皆さんは普段女性にどのような視点を持っていますか? 綺麗とか可愛いとか彼女になってくれないかなとか思いませんか?
まあこれは比較的綺麗な視点。ゲスい考えになってくるとおっぱいでけぇな、とかこんな女の子とセックス出来たら最高だな、とか、言葉にするのが憚られるようなことを思ったりすることもあるでしょう。男の子は性欲の塊だからね、しょうがないね。

しかし、当然ながらそんな思いを実行に移すことはできません。

しかし、この作品ではゲスな考えを全て実行に移しても許される! そんな世界観があるのです! この作品世界の学園祭では「学園祭中は生徒に何でも命令することができる」というルールが設定されています。

つまり、目に映る女の子全てを性の対象にできる! 何その桃源郷!

これがこの作品の魅力なのです。「こんな世界がもしもあったら最高だな」という男の夢の世界そのもの! それがこの作品の持つ大きな魅力に繋がっているのです!

夢の世界にいながら純朴な視点を持つ主人公に魅力がある

学園祭中は生徒に何でも命令することができる」というルールが設定された学園祭にもしも参加できたらどうしますか?

私なら当然、性欲の赴くまま、カルマの限りを尽くしますね!

大部分の男は何でも命令できる女性が目の前に居たら、自分の性癖を全面的に開放するでしょう。それは決して責められることではない(自己防衛)。

ただ、この作品の主人公である須藤道貞君は横暴には振舞わらず、あくまでも優しく女の子に接する姿に魅力があります。

道貞君は元々童貞で、学園祭に参加することで童貞を捨てた男の子です。童貞を捨てた後も彼は女性と次々とセックスするのですが、それでも「女性にも悦んでもらいたい」という考えを持ちながら行動します。

つまり気持ちよくなれればそれで良いというわけではない、自分勝手なセックスをしないのです。
そう言った部分にこの作品の女の子は段々と惹かれていきます。

夢の世界にいながらも自らの考えを持ち続ける、こういった主人公が新鮮であったと思います。

どんな人にオススメしたいか?

まず「特殊世界観系」作品が好きな人は読んでみて損はないと思います。
ただ、少数の女の子を対象にその関係性を深堀していく系統の作品が好きな人にはこの作品は向かないように思います。
この作品に出てくる女の子は基本的にそれ以降登場することはありません。よって「目の前の女の子を性的に犯す」系の描写が好きな人は嵌まるかも知れません。

また主人公が比較的ノーマル気味なので、特殊プレイ系の描写は少ない。また、複数プレイも現在のところ描写がほとんどないです。その点を期待すると興ざめする危険性があります。

特殊世界観好き1話につき1人の女の子とセックスしていく形の作品が好きな人は読んでみても良いでしょう。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)