いーむす・アキ先生によるオムニバス形式の短編集作品。艶っぽく、そして生っぽいエッチな女の子が堪能できる至高の1冊です。

ココがみどころ!

  • 『ムチムチ』系の女の子を描かせたら右に出る者なし! そんないーむす・アキ先生の描くエッチすぎる女の子を堪能できる!
  • 絵柄は何処か艶っぽく、そして生っぽい! そんな絶妙すぎる描写がまたエロい!
  • エッチは大胆に、そして果てしなくエロく! ねちっこいセックス描写が魅力的!

キャラクター相関図

とろまんスタイル 相関図

キャラクター紹介

さよ

「速水」の使用人を務めている女性で、収録短編『モテナシ』の主人公。身体を使ってのご奉仕が日課。巨乳。

ミキ

和菓子屋の看板娘で、収録短編『肉宴の館』の主人公。速水家のお屋敷にも出入りしており、ひょんなことから『ご奉仕』を承ることとなる。貧乳。

速水

速水家の次期当主である男性。仕事柄世界中の異人たちと取引をしており、「接待」のため、さよ達にも協力を仰いでいる。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(5/5)

いーむす・アキ先生のイラストが素晴らしすぎる!! これは、家宝にもなる一冊です。

masashi(2017年8月2日)

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(5/5)

女の子がめちゃめちゃ可愛くて、ストーリーも良かったです。 短編集はどれもエッチな内容のオンパレードでした。 ムチムチ好きならぜひ読まなきゃです♡

くまくーま(2017年8月2日)

ムチムチな女の子を描かせたら右に出る者なし! そんないーむす・アキ先生の単行本作品!

とろまんスタイル』は言わずと知れた作家、いーむす・アキ先生による単行本作品です。

単行本を捲ってまず彩られるは美麗なカラーイラスト! 昔から塗りにも定評がある作家さんでしたが、この最新の単行本になって以前にも増して魅力的なカラーイラストになっていることが伺えます。色っぽく、艶っぽく、むしゃぶりつきたくなるようなカラーイラストは目が釘付けになってしまうほど!

また、カラーでなかったところで、いーむす・アキ先生の絵の魅力は留まるところを知りません!

ムッチムチな女性・女の子たち。どのキャラクターも魅力的で、可愛く、しかしどこか艶っぽくて色っぽい。そんな絶妙のバランスで描かれている女の子たちは最高にエッチです。

しかもいーむす・アキ先生はこの熾烈なエロマンガ界で長く戦ってきた方です。セックス描写はとてもエロく、そしてねちっこい。ダイナミックなお尻の描き方や、そんな大きなお尻を鷲掴みにしながらの後背位は圧巻の一言です。

その他、癒されるようなセックス描写、思わず甘えたくなるような女の子たちがページを捲る度に我々を迎い入れてくれます。素晴らしい…。

特にオススメしたい短編である『モテナシ』と『肉宴の館』

正直、どの短編も最高にエロく、そして魅力的な作品ばかりでした。

ただ、その中でも私が特にオススメしたい短編は『モテナシ』と『肉宴の館』です。  この2つは世界観を共有しており、『肉宴の館』は『モテナシ』の続き物として描かれています。

2つの短編は世界観もまた魅力的で、時代背景として外国との貿易が盛んになり始めた頃合いが描かれています。明示されてはいませんが恐らくは明治時代、あるいは大正、昭和初期くらいでしょうか。

そんな時代、海外との取引で成り上がっている速水家。そこの使用人である女性、さよが『モテナシ』の主人公です。さよには大事な仕事がありました。それは速水家の取引相手である男性の接待役。当然、接待とはセックスのことです。

速水家の次期当主である若旦那によって仕込まれているさよは、その若々しくも魅力的な身体と性技を使って、速水のお客の接待に回る。  ロリ巨乳で、従順な女の子が性的なご奉仕をしてくれるのです。こんなの反則やろ! くっそエロい!

このようにご奉仕が日常茶飯事と化したさよは貞淑な様子で、しかしエロエロしい痴態を露わにします。最高です。

そして話は『肉宴の館』へと繋がっていく。

モテナシ』も半端なくエロかったですが、エロさがさらに加速するのがこの『肉宴の館』。

主人公は速水家近所にある和菓子屋の看板娘、ミキです。  ミキはおとなしそうで、純粋無垢な少女です。

ある日のこと、仕事で速水家へと出向いたミキは、憧れの女性であるさよが庭でセックスしている姿を目撃します。  憧れの女性のセックス姿。それはミキにとって思ってもみなかったことでした。それ以降、ミキの頭はエッチなことでいっぱいになる。  それを若旦那である速水に相談するミキ。速水はミキの相談に対してセックスで答えます。

そりゃそうだよ! おとなしそうで可愛い女の子が「お股から…おつゆが止まらないんです…」なんて言ってくるんだもん! 速水じゃなくても犯すよ、うん!

そして、速水によって性的に仕込まれたミキ。彼女もまた、さよと同じく速水の取引相手の接待をすることになります。

やがて始まるは文字通りの『肉宴の館』。たくさんの男たちにご奉仕するミキとさよ。

巨乳のさよと貧乳のミキ。どちらもどちらで魅力的です。健気で従順で、しかも『私達はみなさまに悦んでいただくための肉人形にございます♡』とか言うんですよ。

こんなんエロ過ぎて困るわ! 私もさよかミキ、どっちでも良いから欲しい! 肉人形、欲しい!

そんな思いにさせられるくらいには魅力的な短編です。オチも含めて、最高だった…。

どんな人にオススメしたい?

まずムチムチな女の子好きは読んで損がないです。それどころか一生の宝物になる可能性すらあります。  関係性はイチャイチャというよりはセックスで繋がった関係性、いわゆるセフレに近い関係性が多いように思います。ただ、胸糞悪いような話は特にないため、安心して読めるでしょう。

また、ムチムチですが巨乳だけでなく貧乳な女の子も多数登場します。オススメの短編である『モテナシ』と『肉宴の館』以外にも援交モノである『ハツウリ』にも比較的貧乳な女の子が登場します。この作品も素晴らしく、魅力的な話でした。

ともあれ、ムチムチな女の子好きはひとまず読んでみることをオススメします。いーむす・アキ先生はやはり偉大です。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)