ひょころー先生によるオムニバス形式の短編が多数収録されたオリジナル単行本作品。「とろけてしまうような」激しいセックスと、可愛い女の子が魅せる「とろけ顔」が魅力的な1冊です。

ココがみどころ!

  • 「とろけるような激しいセックス」と、可愛い女の子の「とろけ顔」が魅力的な作品!
  • 華奢な女の子とムッチリとした女の子の描き分けが見事! 女の子に応じた身体つきがとてもエロい!
  • イチャイチャ系を基本としつつ、変化球的にNTR系なども収録!

キャラクター相関図

とろけまなこ 相関図

キャラクター紹介

小太郎

収録短編『イ・チ・ズ・ナ』の主人公である青年。幼なじみであるみずほがトップアイドルになったことで彼女との距離を感じている。

飯島みずほ

小太郎の幼なじみで、今人気絶頂のトップアイドル。アイドルオタクであった小太郎を振り向かせるためにアイドルになった。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(5/5)

女の子の表情が最高!! たんなるエロっていうより、胸がキュンとなるエロって感じ。 読んでよかった!!

騎士団長(2017年8月10日)

「とろけるような激しいセックス」と可愛い女の子の「とろけ顔」が魅力的!

とろけまなこ』はとろけるようなセックスを描くことに定評があるひょころー先生による単行本作品で、先生の真骨頂である「とろけるような激しいセックス」描写と可愛い女の子の「とろけ顔」をこれ以上なく堪能できる作品です。

収録されている作品は基本的にイチャイチャ系が中心。中でも、すれ違っていた男女がセックスをきっかけに新たに心を通わせるタイプの物語を軸とした短編が多い。

そのすれ違っていた想いを爆発させる背景描写があってこそ、先生の「とろけるような激しいセックス」描写が映えてくるのです。
濃厚なディープキス腰を曲げるほどの快感に身悶えする女の子、正常位、後背位などを始め様々な体位からの激しいセックス描写などは数ある単行本の中でも引けを取らない、非常に魅力的な1冊として仕上がっています。

中でも華奢な女の子とムッチリとした女の子の描き分けに作家としての力量を感じさせる!

あくまで私の観点ですがひょころー先生は華奢な女の子とムッチリとした身体つきが魅力の女の子、それぞれの魅力を持つ女の子2人の描き分けが上手な作家さんであると思っています。

例えば収録短編の1作である『イ・チ・ズ・ナ』に登場するヒロイン、飯島みずほは出るところは出ているプロポーションの良さが魅力的な女の子ですが、同時にどこか華奢な印象を与える女の子で、彼女の華奢な体格からの激しいセックスというギャップがこの短編における大きな魅力の1つ。

一方、同じく収録短編の1つである『カノ酔い』。この短編のヒロインである御影結衣子は比較的地味系の女の子で、ムッチリとした身体つきが魅力的。このヒロインを主人公である小室がサディスティックに攻めまくるセックスがエロい1冊です。

この2つの短編では華奢な女の子とムッチリとした体格の女の子、それぞれの魅力を女の子の体格に合わせて出し切っているのではないかと私は考えており、このような『描き分け』から作家力が伺るのではないでしょうか。

そういった意味でもひょころー先生の単行本はオススメしやすい作品となっています。

どんな人にこの作品を特にオススメしたいか?

まずイチャイチャ系作品の中でも激しいセックスが見たい人にはオススメしやすい1冊です。イチャイチャ系統でありながら激しいセックスという意味でならトップクラスとも言える魅力を持っているでしょう。

また、イチャイチャ系だけでなく、色々なタイプの話を見たいという人にもオススメはしやすい。直球のNTRモノである『はぴねす☆ウエディング』や、おそらくイチャイチャ系の部類には入るものの変化球気味な描写が魅力的な『奴隷ごっこ』『発情しちゃうぞ♥』などはただのイチャイチャ系にはとどまりません

ただ、そういう意味で王道のイチャイチャ系だけを見たい! という人の希望からは少し外れる危険性もあります。しかしながら先に言った作家力をはじめ、様々な面で魅力的な作品です。まず読んでみて損ということはない。今夜のオカズとしてもオススメの1冊です。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)