シスコイ〜姉弟ヒトツ屋根の下〜 表紙画像
最新巻は1巻です。 (完結)

シスコイ〜姉弟ヒトツ屋根の下〜

  シイナ   KATTS

大学生の青年・佑は、義姉である美弥へ秘かな恋心を抱いていた。しかし、義姉であることからその想いをひた隠しにしている。一方で世間知らずの美弥にもっときちんとした女性になってもらいたいという思いから彼女を連れまわすのだが…。

ココがみどころ!

  • 義弟と義姉の背徳的な関係をスッキリとした描写で丁寧に描いている!
  • 義姉に迫る黒い影! 彼の正体に注目!
  • 美弥の変化から決意までをきっちりと描いた恋愛系王道モノ!

キャラクター相関図

シスコイ〜姉弟ヒトツ屋根の下〜 相関図

キャラクター紹介

大学生の青年。5歳の頃からの義姉である美弥へ秘かな恋心を抱いている。

美弥

小説家の女性で、佑の義姉。幼い頃は何でも出来る女性であったが、現在では世間知らずとなり、だらしない生活を送っている。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(3/5)

ちょっと切なかったり、ちょっと面白かったり、ちょっとドキドキしたり、、、。 すごく、心に響く作品だなぁって思いました。良かったです。

ラスカル(2017年7月31日)

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(4/5)

近親相姦モノは背徳感が売りなのですが、これは自然とそんな感じはせずあっさり読めました。 美弥がだんだんと綺麗になっていくのも良かったですね。やっぱりエッチは女の子を綺麗にするんですねぇ。

くまくーま(2017年7月31日)

義弟と義姉によるイケない関係を丁寧に描いている!

シスコイ〜姉弟ヒトツ屋根の下〜【合本版】』は義弟と義姉によるイケないエッチな関係を丁寧に描いた作品です。

大学生の青年・佑は、5歳の時に義母の連れ子としてやってきた義姉に対して秘かな恋心を抱いています。家族である佑の贔屓目を抜きにしても義姉の美弥は非常に可愛らしい女性で、さらには明るく優しいしっかり者でした。そんな女性が近くにいて好きにならないはずがない! しかし、家族であることからその想いを佑はひた隠しにして生きてきた。

そんな魅力的な女性である義姉・美弥ですが、現在は昔の栄光何処行ったとばかりに世間知らずのだらしない女性へとなってしまっています。そんな義姉に昔の輝きを取り戻して欲しいと佑は彼女のサポートを買って出る。

そんな中で、接する機会が自然と増えた2人。しかも美弥はなにかと隙の多い女性です。晩御飯を共にする際に酔い潰れてしまった美弥を介抱していた佑はとうとう我慢できなくなり、彼女に手を出してしまう。

そこからはもうイケない関係の突入! ただ、退廃的な関係に進むわけではなく、家族との背徳的な関係に陥ってしまった葛藤や、それによる美弥の変化などが丁寧に描かれます。  その丁寧な描写こそが魅力となっている作品でしょう。

全体を通してストーリー重視の王道モノに仕上がっている!

シスコイ〜姉弟ヒトツ屋根の下〜【合本版】』の魅力はエロい関係性はもちろんですが、2人の気持ちを丁寧に描いたストーリー要素にこそ、魅力が詰まっています。

当初、佑は義姉を支えたい、昔の輝いている義姉を取り戻してほしいという想いから彼女と向き合い始める。そこに下心はなく、純粋な愛情が彼を突き動かしていました。

しかし、ひょんなことから一線を越えてしまい、新たな関係構築に頭を悩ませ始める。ここで強引な展開であるならばひたすらにセックスする様子が描かれるとは思いますが、この作品はそれと一線を画する。  まず義姉に手を出してしまった佑の葛藤が描かれるのですが、そんな佑とは裏腹に美弥は佑を警戒すらしません。相変わらず隙の多い様子から佑は我慢できなくなり、彼女に手を出す。

佑の「どういうつもりだ?」という問いに対して、美弥は「なんで佑くんに警戒するの?」と返す。美弥にとって佑は家族であると同時に心から許せる男性なのです。そして同時にどんな時でも自分を支えてくれる相手でもある。

こういったお互いの関係性と心情が身体を重ねるごとに相手へと伝わる。こういった描写については非常に丁寧に描かれている、と思われる作品です。

こんな人にオススメしたい!

まず「近親相姦モノ」が好きな人には魅力の伝わりやすい作品であると思います。また後ろ暗い近親相姦モノではなく、それらを爽やかな恋愛モノとして描いている作品ですので、後ろ暗い描写が苦手という方にも読みやすい作品となっています。

ただし、恋愛的なストーリー重視の作品ですので、その分、セックス描写は比較的大味です。佑と美弥の2人はかなりピュアなタイプですので、変態的なシチュエーションや濃いセックス描写は望めないと思います。よって「抜きモノ」には向きません。  しかし、その分心の機微について丁寧に描かれているため、セッ〇ス描写なども含めた恋愛モノを読みたい人にこそオススメしたいテイストの作品です。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)