モノリノ先生によるオムニバス短編を複数収録した単行本作品。調教・ハードコアモノをテーマとしつつ、清楚系や強気な女の子などが快楽へと堕ちていくギャップが魅力的な作品へと仕上がっている。

ココがみどころ!

  • 清楚な娘や強気な娘も一皮剥けばアヘ顔晒す変態娘になるというギャップが堪らない!
  • 変態だけど可愛さを残したキャラクター作りが魅力!
  • ムチムチ肌艶々の若い身体を持った魅力ある女の子が下品な恰好、言葉を言う瞬間が最高にエロい!

キャラクター相関図

PINKERTON 相関図

キャラクター紹介

ほたる

黒髪ロングで巨乳の女子高生。父親が会社のお金を横領したと聞かされ、その返済のために身体を見知らぬ男たちに差し出すこととなる。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(4/5) / ストーリー(4/5) / エロさ(5/5)

調教しておとなしそうな子が変態JKになる姿が最高でした

葉月(2017年7月28日)

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(3/5) / エロさ(5/5)

陵辱系苦手ですが、女の子がノリノリなので罪悪感なく読めます^^ また、イラストが最高に可愛くて、よくある陵辱系には無い絵柄のように思います。 ガチで陵辱系エロ漫画が好きな人はどう評価するかわからないけど、私のように、どちらかというと陵辱系のエロ漫画を敬遠してしまうような読者にとっては、ちょうど良い作品でした♪

ご飯がススムくん。(2017年7月28日)

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(3/5) / エロさ(5/5)

すごいですね。 こんなかわいい子が発する痴女っぷりにドキドキしました。ギャップがすごすぎる! 快楽に堕ちていく姿が最高です。

くまくーま(2017年7月29日)

清楚に見える娘が、実は ド変態!?…そのギャップが堪能できる作品です

PINKERTON』は女子高生などの若い女の子を中心として、その女の子たちを調教し、快楽堕ちさせてセッ〇スモンスターへと変身させるところに大きな魅力のある作品に仕上がっていると思います。

作品冒頭のカラー短編集作品『To Be Happy Now』では見た目は清楚系で、いかにも純粋無垢と言った様子の黒髪女子高生がバスに乗っているところから始まります。  しかし、次の瞬間、彼女はスカートとパンツを脱ぎだし、乗り合わせた男を「おじさま」と呼び慕い、多くの乗客が見ている中でハメられます。そして笑顔でペ〇スを頬張り、あまつさえ「ちん〇ん咥えている時がこの世で何よりも幸せです♡」とペ〇スを頬張りながら口にするのです。  なんという痴女!清楚だと思っていた女の子が実は公衆の面前でセッ〇スすることに興奮を覚えるド変態だったのです!

この黒髪の清楚系ド変態美少女はこの作品を象徴した存在と言っても良いです。  この作品に登場する女の子は、調教によってド変態となっていき、そのギャップが魅力的なキャラクターたちなのです。

調教モノにありがちなテイストとはちょっと違う。調教後も可愛らしい女の子たち。

ただ、最初からド変態だった訳ではなく、元々は純粋無垢だった女の子を調教・ハードコアプレイによって変態と仕上げていく過程と結果にこそ大きな魅力があります。  純粋無垢な女の子に変態を教え込む背徳感。新雪に足跡を付けるかのような、そんな楽しさと汚してしまったことへの背徳がそこにはあります。素晴らしい…それはとてもエッチです。

また、この作品は二穴、薬漬け、複数プレイなどの割とハードコアなプレイを取り扱っているのですが、女の子の可愛さを保っているという絶妙なバランス感覚がなされています。精子で顔が汚れ、膣からは白濁液を噴水のごとく吐き出そうとも、女の子たちは可愛いままなのです。

ここで『PINKERTON』の表紙をご覧ください。首から上は黒髪美人の清楚系美少女に見えますが、そこから下は首輪をつけ、大きな乳房をだらしなく露出し、下半身は下着の代わりに縄で縛られているなど考え得る限りのド変態な恰好をしています。

しかし、この表紙こそ私は本作の「顔」であると思います。清楚な表情の中に隠し持つ、ド変態! このワードにピンとくるのであれば我々は仲間です。そして、本作は貴方の満足する魅力が詰まっていると私が保証します。  そういう意味で『PINKERTON』は非常に魅力的な作品であると思いました。

ムチムチ肌艶々の若い身体を持った魅力ある女の子が下品な恰好、言葉を言う瞬間が最高にエロい!

この作品の魅力は清楚系な女の子が下品な恰好、下品な言葉を言いながら、心の底から快楽に染まっている様子が魅力的であると思っています。

清楚系だった女の子が調教によって「変身」した後はそれはもう下品です。男の上で腰を振りながら、尻の穴を広げ、「雌穴ほじほじしてぇ♡」とさらなる快楽を求め、二穴プレイを要求するのです。

なんてエロい! だが、それが良い!

他にも目隠しプレイや、薬漬けセッ〇ス、バイブを下の口で咥えさせたまま犬における「ちん〇ん」の恰好、などなどまあヤりたい放題! しかも「変身」した後ですので、これを女の子たちが喜んでやっているところにこそ、魅力があると思います。

心の底から快楽を受け入れる変態娘! その魅力がこの作品には詰まっています!

この作品を特にオススメしたい人は?

基本的に調教プレイなどが好きな人には刺さる作品であると思います。  イラストや描写のレベルも高く、性癖が合えば間違いのない作品であるでしょう。

そして、調教モノや凌辱を「女の子が悲しむのが嫌」と拒否する人にこそ薦めたい作品であると私は思っています。 私も大概、そう言った作品は苦手な傾向にはありますが、この作品は全然いけました。何故でしょうか? それは勿論、最終的に「女の子が喜んでいるから」だよね。

女の子が喜ぶ! 男も喜ぶ! これはもう和姦だよね!

…などとまたエロマンガ脳を炸裂させてしまいましたが、エロマンガであるからこそこの思想も許されます。  「和姦系凌辱モノ」とでも言うかのような、そんな魅力のある作品だと思います。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)