TL?GL?ハ―レクイン?今更聞けないコミックジャンル案内!

自分で漫画を探す時、皆さんはどうやって探してますか?
ネットで検索をかけたり、コミック情報サイトで調べてみたり…探し方は様々ですよね。
そんなときあなたがもし「この作品に似た漫画が読みたいな…」と、具体的な作品のイメージがある場合、それを具体的な言葉で言い表せないと探すのも手間がかかってしまいますよね。
そこで今回は「今更聞けないコミックジャンル案内」と題しまして、コミックの大きなジャンルを初歩的なところから解説していきたいと思います。

一般作品

まずは一般作品からご紹介していきたいと思います。
一般向け作品は作品数も多くジャンルも非常に多岐に渡るため、どのコミックサイトでも年齢・年代を使った4つのジャンルに分けられている場合がほとんどです。

少年コミック

名前の通り10代の少年向けの読者を想定した漫画ジャンルです。
「ワンピース」「ドラゴンボール」など大人でも楽しめる漫画が登場した事によって「少年向け」と一概に言えなくなってきていますが、基本的にはアダルト要素などがなく健全で、最も読者層の多いジャンルと呼ばれています。
有名な作品:「ワンピース」「ドラゴンボール」「NARUTO」「名探偵コナン」など

青年コミック

少年コミックよりも年齢層の高い読者を想定した漫画ジャンルです。
少年コミックと比べてファンタジーなどの非現実的な作品は少なく、最近人気のグルメ漫画や社会問題などをテーマにした現実世界を強く意識した作品が多いのが特徴です。読む側にもある程度の予備知識が必要な場合があります。
有名な作品:「闇金ウシジマくん」「カイジ」「孤独のグルメ」など

少女コミック

10代の女性向けの漫画ジャンルです。
恋愛モノを中心に、名前通り若い女性に向けた作品が多いジャンルです。近年は題材の種類も増えて映像化されることも多くなり根強い人気のジャンルです。
有名な作品:「ちはやふる」「3月のライオン」「アオハライド」など

女性コミック

少女コミックよりも年齢層の高い読者を想定した漫画ジャンルです。
社会人女性をターゲットにした作品が多いですが、成人コミックに比べて過激すぎる題材が少なく、恋愛作品が多いのが特徴です。
有名な作品:「のだめカンタービレ」「ワカコ酒」など

アダルト作品

それでは次にアダルト作品を紹介していきましょう。
男性向けのアダルト作品は細かくジャンル分けされていませんが、女性向けアダルト作品は登場人物の関係性などで細かくジャンルがわかれています。

成人コミック

男性向けのアダルトコミック全般を指すジャンルです。
男性向け情報誌や、既存の漫画・アニメの2次創作などから広がったという歴史があり、誰もが知る有名な作品は少なく、作家やサークルに重きを置くユーザーが多いのが特徴です。
有名な作家:「鳴子ハナハル」「saitom」など

レディースコミック

女性向けアダルトコミック全般を指すジャンルです。
主に大人の恋愛を描いた作品が多く、近年ジャンルが細分化したことであまり使われなくなってきました。この記事ではアダルトに入れましたが、サイトによっては一般ジャンルになっている場所もあります。
有名な作品:「銀幕の恋人たち」「沈黙の青」「ミラノの悪夢」など

ボーイズ・ラブ(BL)

主に男性同士の恋愛を描いた女性向けアダルトコミックです。
女性向けアダルトの中でも非常に人気のジャンルで、女性向けアダルトが細分化するキッカケになったジャンルでもあります。
有名な作品:「純情ロマンチカ」「学園ヘブン」「好きなものは好きだからしょうがない!」など

ガールズ・ラブ(GL)

主に女性同士の恋愛を描いた女性向けアダルトコミックです。
百合(ゆり)作品とも呼ばれアダルトな表現がメインのジャンルで作品数非常に少ないです。一時期ブームがあり、その頃の名残でジャンルとして定着しました。
有名な作品:「ささめきこと」「citrus」など

ティーンズ・ラブ(TL)

10代の女の子をメインキャラクターに据えた恋愛に重きをおいた女性向けアダルトコミックです。
少女漫画にアダルト要素を加えたジャンルです。エッチシーンが一番丁寧に描かれているジャンルとも呼ばれています。
有名な作品:「僧侶と交わる色欲の夜に…」「身代わり執事」など

ハ―レクイン

大人の女性向け恋愛コミックで、この記事ではアダルトに入れましたが一般・アダルトの両方があります。
作品の特徴としては結末がハッピーエンドになるものが多いです。
有名な作品:「嘘だらけの結婚」「無垢なプリンセス」など

まとめ

今回はコミックジャンルを改めてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
コミックのジャンルを正しく理解することで、よりあなたの求める作品に出会いやすくなるでしょう。
サイトによってはもっと細分化されていたり、逆に男性・女性向けだけの場所もあったり様々ですが、今回紹介したジャンルを覚えておけば作品探しに困ることも少なくなるはずです。
ぜひ作品を探す時に使ってみてくださいね!

フォローしてね(=^ェ^=)