これはノンフィクションか!?リアルに描かれているエロ漫画!

今回の特集記事におけるテーマは『これはノンフィクションか!?リアルに描かれているエロ漫画!』です。
このテーマを元におすすめ作品を厳選、早見表にて整理してみましたのでまずはご覧いただきましょう。
では、こちらです!

※クリックで拡大表示
 

 

今回は縦軸を『ロリ系⇔熟女系』、横軸を『純愛系⇔背徳・肉欲系』にて纏めてみました。
ちなみに「リアル」さにも色々あり、まず単純に絵柄、そして物語、雰囲気、設定などそのどれかに「リアル」さやノンフィクションっぽさを感じられる作品を今回の選定対象としています。

では、早速ですがそれぞれの作品における魅力、「リアル」さについて語っていきましょう!

絵柄に半端ないリアルさを感じさせるエロ漫画!

まずご紹介したいのは尾髭丹先生による短編作品『お姉ちゃんと10分姦。なつやすみ』です。

こちらは見ていただければ一目瞭然ですが、その絵柄に圧倒的なリアル感があります。
全編カラー、緻密なタッチによって描かれた絵柄は圧倒的なリアルさを誇り、見るものを魅了するエッチな存在感を見せつけてきます。

ちなみにシチュエーションは弟が姉とエッチしまくるという思春期の妄想を具現化したような構成となっており、「リアルな絵柄で夢のようなシチュエーションを楽しみたい」という人に非常にお勧めできる、ノンフィクションっぽさを感じさせる作品となっております。

リアルなシチュエーションから「理想」を描いた作品!

続いてご紹介するのは幾花にいろ先生による短編作品『落下流水』です。

こちらは社会人になった主人公がたまたま昔の同級生と再会し、一緒に飲み交わすことで意気投合、そのままホテルへと行って一夜を過ごすという内容が描写されております。

本作における魅力は「リアルにありえそう」と思わせるそのストーリーにあります。
昔の同級生と再会することでそのまま居酒屋へ行くというシチュエーションは現実に起こり得る事ですし、相手に決まった彼氏がいないのであればそのまま…というのも「なくはない」シチュです。当然、そんなオイシイ話が現実に起こる可能性は少ないですが、それを圧倒的なリアルさで描いているのが本作なのです。

和姦系で、「美味しい」シチュエーションを楽しみたいのであれば本作をおすすめします。理想的なノンフィクションっぽさを堪能することができるでしょう。

こんなイケない状況がリアルにありえそう! なロリ系エロ漫画!

次にご紹介するのはクジラックス先生による短編作品『歌い手のバラッド』です。

こちらはロリ系作品に該当するため絵柄などは比較的デフォルト化されているのですが、本作におけるリアルさとは主人公の立ち振舞いにあります。

本作では「歌い手」である主人公が、ファンの女子中〇生をターゲットとして次々とセックスしていく様子が描かれています。ただ、その方法とバレないようにする手口が実に巧妙。

まず女の子達の連絡はSNSなどを通して行い、さらには強引な誘い方はしません。しかも主人公自身は女の子たちから見た「憧れの男性像」を演じ切り、彼女たちを不快にさせるようなことは一切しないのです。
これによって女の子達が主人公を告発するようなことがなく、悪行が表に出るようなことがない。この手口が妙な生っぽさやノンフィクションっぽさを感じさせるのです。

ロリヒロインをリアルな手口で食っていくような作品が読みたいのであれば本作を是非ともおすすめします。「こんな怖い事、リアルにありそう」という観点からも楽しめますよ!

雰囲気にリアルな暖かさを感じさせるエロ漫画!

次にご紹介するのは柴崎ショージ先生による短編作品『とくべつな毎日』に収録されている『あたたかいへや』です。

こちらのリアルさとは作品全体を構成している「雰囲気」にこそ、あります。
主人公とヒロインの関係性や、彼らを取り巻く環境、空気、さらにはヒロインの体格などに至るまで現実感を感じさせる雰囲気がそこにはあります。その上で癒されるような温かさを提供してくれるのが本作。
理想的で、かつ現実感のある作品が読みたいのであれば本作を是非ともおすすめします。作品から伝わってくる「あたたかさ」にほっこりとさせられることでしょう。

リアルっぽい青春を感じさせるエロ漫画!

最後にご紹介するのはきい先生による短編作品『つめたい雨、やさしい君』です。

(COMIC快楽天 2017年9月号掲載)
 

こちらは仲がいいけど付き合うまでには至らない男女を中心に描写している青春系作品です。

本作のリアルさとは、その「結末」にあるのだと思います。
若干ネタバレになるのですが先に言ってしまうと、本作における結末はビターエンドです。この作品における結末自体がリアルかどうかは賛否両論かと思いますが、本質はそこではなく、青春における恋愛の結末がハッピーエンドかと言えば、その多くはビターなものであるという事がこの作品における「リアル」さなのではないでしょうか。

作品全体における雰囲気も生っぽさがあり、ノンフィクションっぽさの感じられるものとなっています。

苦々しくもリアルな青春系作品を読みたいのであれば、本作を読んでみると良いでしょう。

最後に・・・

今回は『これはノンフィクションか!?リアルに描かれているエロ漫画!』をテーマに特集記事を書きましたが、気になる作品が見つかりましたか?

今回早見表にて挙げた作品はそのどれかに「リアルさ・ノンフィクションっぽさ」感じさせる構成となっており、どれも違った魅力のある秀作だと思います。

早見表などを参考にしつつ、是非とも好みに合う「リアルっぽい」作品を探してみてはいかがでしょうか。

今回紹介した作品一覧 ※順不同 ※敬称略

色白好『過ち、はじめまして。』
木静謙二『Adoration』
幾花にいろ『落下流水』
柴崎ショージ『あたたかいへや』
黒澤R『相姦の赤い河岸』
きい『つめたい雨、やさしい君』
いーむす・アキ『シェアしよっ!』
尾髭丹『お姉ちゃんと10分姦。なつやすみ』
織田non『NON VIRGIN』
クジラックス『歌い手のバラッド』

フォローしてね(=^ェ^=)