幼い頃に両親を失った芦屋はデリヘルでバイトをしている。自分のアパートにも帰らず転々とする毎日。疲れ切って気を失ったところを同じ大学の教授、黒須に介抱される。ぬくもりを求めていた芦屋がみつけた愛とは──

ココがみどころ!

  • 贅沢! 美少年もイケメンおじさまも堪能できる♡
  • 見た目とは裏腹にエロエロにとろけちゃう芦屋の可愛さ♡
  • ノンケのはずなのに、芦屋の可愛さにメロメロになっちゃう黒須先生♡

キャラクター相関図

迷い猫は愛に溺れる 相関図

キャラクター紹介

芦屋

男子大学生。デリヘルのバイトをしている。幼い頃に両親を亡くしていて、『ぬくもり』を求めている。

黒須

芦屋が通う大学の教授。倒れている芦屋を自宅へ運び、介抱する。

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

口コミは登録されていません

春原ねこ先生の胸キュンBL♡♡♡

何の予備知識もなく読み始めた『迷い猫は愛に溺れる』。『エリート社長のアブナイ視線と甘い罠』のイメージが強かったので、TLかと思ってペラッとめくったんですが、1ページ目からゴリゴリのBLでした。

整った美少年が、初っ端からから中出しされてトロトロになっちゃってる……!

めるるは確信しました。

「あぁ、春原先生、これ、今回も最高なやつですね……! 」

って。

えっちシーンのボリュームがすごい

「今、とにかくえっちなBLが読みたい! 」そんな方に迷わずおすすめしたい。とにかくえっちシーンが多い&エロエロ!

芦屋くんのトロトロになっちゃうお顔が最高に可愛いんです。

無理やり系が好きなので、2巻でモブ(モブというか、同じ大学の男)に襲われるシーンがめちゃくちゃ性癖でした。大好物の「嫌なのに感じちゃう……! 」っていうのがこれでもかと堪能できましたね…。わりとモブに襲われるシーンってあっさり終わっちゃうけど、数ページにわたりあったので、大大大満足なのでした。

最高にハッピーな読後感!

孤独で、ずっと人のぬくもりを求めていた芦屋くん。読み終わったあとは「良かったねぇ……。」って、ニコニコしちゃった。

考えてみれば、男性向けのデリヘルで働いてるっていう設定も、最高にえっちだよね。だって、愛してない男相手にあんあん言ってたんだよ?? でも、愛してる人とのえっちが一番気持ちいいの。黒須先生も『ノンケ』の部類で描写されてるので、それも興奮する要因なのかもしれない。

3巻完結済みで、とってもとっても手に取りやすいので「ハッピーなえっちが読みたいんじゃ~~~~い!! 」って方に全力でおすすめします!

めるる

フォローしてね(=^ェ^=)