年末年始だから、巻数が多くてストーリーがしっかりしてるエロ漫画を紹介する。

今回の特集記事におけるテーマは「年末年始だから、巻数が多くてストーリーがしっかりしてるエロ漫画を紹介する。」です。
エロ漫画は比較的オムニバス形式の短編が多いですが、その一方でしっかりとした長編作品も多数生み出されています
今回はそんな没頭できる、オススメの長編エロ漫画をご紹介!

紹介する長編エロ漫画は10作! それら10作を早見表に整理してみましたので、まずは御覧ください!

では、こちらです!

※クリックで拡大表示

今回は長編作品がテーマということで、純愛系から背徳・肉欲系までバランス良く集めてみました!
また、基本的には女子校生をヒロインとした作品が多いですね。ですが、その一方でロリ系や熟女系作品も含まれています。

ジャンルとしては純愛モノ、ハーレムモノ、TSモノ、特殊セカイ系から浮気、凌辱モノまでとこちらも幅広い。
どれも巻数が多いので、世界観にどっぷりと浸かれる作品が多いことも特徴として挙げられますね。

では、それぞれの作品における魅力について語っていきましょう。

近親相姦×純愛を描いた名作!

長編作品の内、近親相姦×純愛を描いたエロ漫画は黒澤R先生による作品『相姦の赤い河岸』です。現在は7巻までが刊行されております。

こちらの作品における魅力は何と言っても登場人物の心理描写でしょうか。家族であるにも関わらず肉体関係を持ってしまった義父とその娘。この2人の間は誰よりも強い愛情で結ばれています
しかし、それは世間的には許されない愛。この2人はお互いを想い合うからこそ、お互いを突き放そうとします。
ただ、それでも愛は深い。愛したいのに、愛することを許されない。そんな葛藤が繊細な心理描写で描かれるのです。大人の恋愛漫画と言った趣ですね。ストーリーや登場人物たちの関わり合いが非常にしっかりとしているので、がっつり作品を楽しみたいという人にこそ、オススメできる漫画作品です。

TS×エロコメディ作品!

オススメした10作の内、ニッチなTSモノとエロコメディを組み合わせた作品が、森島コン先生による『女の体でイキすぎてヤバイっ!』です。こちらは10巻にて完結している作品です。

本作の魅力は何と言ってもニッチなTSという要素を王道の恋愛コメディで描いているところでしょう。
こちらは元々、男の子だった主人公が女体化することによって色々なトラブルへと巻き込まれる様子を面白おかしく、そしてドエロく描いた作品となっています。

TSモノの時点でニッチであるにも関わらず、作品中も羞恥攻めや青姦などマニアックなシチュを楽しむことができます。その他、私としてはオチも含めて楽しむことができました。
読み応えのある作品なので、時間がある時にガッツリ読まれると没頭できると思います。

ハーレム要素を楽しむことが出来る作品は?

ハーレム要素を楽しむことが出来る作品としては師走の翁先生による『ヌーディストビーチに修学旅行で!!』(単行本1冊にて完結)やキャンベル議長先生による『巨乳姉妹に挟まれるオレ!~私のこと好きにしていいよ?』(9巻にて完結)などが挙げられます。

ヌーディストビーチに修学旅行で!!』は文字通り学生たちが修学旅行の一環で、ヌーディストビーチに行くというテーマで描かれた傑作です。
普段、制服を着ている女子たちの裸を間近で見ることができるというエロさを意識的に描いている他、気軽なセックスを楽しむことができる作風となっております。

基本的に展開がスピーディ且つストレスレスに読むことのできる作品なので、「抜きモノ」としては非常に優れていると言えます。
ヌーディストビーチへ修学旅行に行くというぶっ飛んだテーマを確かな筆力で描いている、まず外さない1本です。

皆で仲良くハーレムモノ! というエロ漫画!

一方、『巨乳姉妹に挟まれるオレ!~私のこと好きにしていいよ?』もハーレムモノで、高いシチュエーション力を感じさせる作品へと仕上がっています。

本作で私が気に入っているのはストレスレスに特化した作風ですね。ハーレム感で嫉妬こそするヒロイン達ですが、お互いをいがみ合うことはほとんどありません。皆仲良くハーレムという読者の心に優しい作風がストレスレスに読める理由なのでしょう。

ハーレムモノとしては鉄則だと思われる複数プレイもしっかり描いており、基本的には安心して読める作品だと思います。

ヒロインの可愛さと健気さに心打たれる作品!

ヒロインの可愛さと健気さが光る長編作品としては佐藤沙緒理先生による『リリィがヤラせてあげる』が挙げられますね。
こちらは愛玩用ロボットである「リリィ」が存在する世界を描いており、話は短編ごとに完結するオムニバス形式となっています。
しかし、「リリィ」は複数いるので、どの短編でも「リリィ」が話の中心になっています。

本作の魅力は何と言っても愛玩用ロボットである女の子「リリィ」の可愛さにあると思います。
天真爛漫で健気な性格をしている「リリィ」ですが、愛玩用として作られているばかりにエッチなこと以外は何もできない、いわゆるドジッ娘キャラです。

ただ、何とかして主人の助けになろうと「リリィ」は健気に尽くそうとします。
その健気さと愛らしさにキュンと来てしまうのです。

また、「リリィ」によって主人との関係性は様々であるために、たくさんの「リリィ」が読めることもオススメ要素でしょうか。本作では、百合系から3P、NTR風まで用意されており、それらを楽しむことができるのもオススメしたい要素です。

最後に・・・

今回は「巻数が多くてストーリーがしっかりしてるエロ漫画」をテーマに長編作品に絞った特集記事を書いてみましたが、いかがでしたか。
長編作品は世界観やキャラの掘り下げをとことんまで楽しめる作品が多く、そういう意味では読み応えのあるエロ漫画に仕上がっているものばかりです。
年末年始の空いた時間、長編作品を読んで過ごされてはいかがでしょうか。紹介した10作品はどれもオススメの出来栄えですよ!

フォローしてね(=^ェ^=)