束縛してくる彼氏、過保護な両親から逃避するために一人で旅行に来た花梨。一人旅を満喫していると、ひっそりと佇む洋館を見つける。誘われるように洋館に入ると、中には一人の男が。紅茶を飲むと体が熱くなり──。

ココがみどころ!

  • ホラー調の薄気味悪さとエロさの絶妙なバランス
  • ノアをはじめ、洋館に住むタイプの違う男たちとのセックス
  • 理性が働かなくて堕ちていく花梨

キャラクター相関図

蜜姫 相関図

キャラクター紹介

花梨

縛り付けられた現実から逃避するため一人で温泉旅行に。不思議な洋館を見つける。

ノア

花梨が見つけた洋館の主。その正体は人間ではなく吸血鬼。

花梨の彼氏。花梨を束縛している。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

総合評価  

イラスト(4/5) / ストーリー(4/5) / エロさ(3/5)

ヴァンパイアものが好きなので読んでみました。 エッチもありホラーもあり。どちらかと言うと、ホラーよりかな。 眠れなくなるほど怖くはないけど不気味さが好きでした。

ミニーちゃんのリボン(2017年12月21日)

ぞわっとくるホラー調

ころめ先生の作品は、絵がキレイでエッチなシーンもかなりエロくて大好き! ということで、『蜜姫』、読んでみました。

表紙からしてすでになんだか雰囲気が暗い……。私が知ってるころめ先生と…ちが…う……? と思いつつ、「いやいや! そこは信頼! 」ということでポチッと購入したわけです。

思っていた以上に、コワイ。

夜中(それこそ深夜2時くらいに)読んだんですが、怖くて閉じた。明るくなってから読み直しましたwww

たぶん、意図的になんでしょうけど、登場人物の表情とかも全部怖い……!

私、こういう雰囲気のTL漫画ってはじめてだったので、「あっこれは深夜に読めないやつだぞ」と。ホラー調に耐性がない人は明るい時間に読むことをおすすめします。

エッチシーンはさすがのころめ先生

ころめ先生、やっぱりさすがです。

ホラー調でもエッチシーンはしっかりエロい。洋館の主のノアは吸血鬼なんですね。血だけじゃなく、愛液も貪る系です……!

ホラー調は苦手だけど、こういう鬼畜っぽいのは好きなので「これはイイ……。たまらん」って、思いましたよね。

1巻は『魔眼吸血鬼・ノア』、2巻は『調教吸血鬼・カーネリアン』、3巻は『催眠吸血鬼・フォルテ』、4巻は『束縛カレシ・響』です。

4巻が気になりすぎて、一気に全部買いました。

「あぁ、こういう終わり方か……」という感想

4巻で完結しているので、かなり手を出しやすい作品です。一気に結末まで読めるわけですが、個人的にはかなり意外な終わり方でした……。

あれっ、そう来る? って。ネタバレしたくないのでハッキリとは言いませんが、がっつり鬼畜な感じを予想して4巻を読むとちょっと拍子抜けするかも??

ただ、花梨にとっては幸せなのかな……?

ストーリー重視の方よりは、ちょっと鬼畜(ついでにホラーっぽい)なエッチを見たいという方におすすめしたいです。

めるる

フォローしてね(=^ェ^=)