なぱた先生による短編が多数収録されたオムニバス形式の単行本作品。しなやかなスレンダー系の美少女を描写した作品が多く、イチャイチャ系から浮気エッチまでのエロシチュエーションを押さえたドエロい1冊!

ココがみどころ!

  • スレンダー系のエッチな身体つき! 圧倒的画力で押し切るなぱた先生渾身のエロ描写をとことん楽しめる!
  • イチャイチャ系からちょっと背徳的な浮気エッチまで! 様々なシチュを楽しめる!
  • エッチ描写多め! 最低限の関係描写の後は絡みに割くページ数多めなので、抜きモノとして優れている!

キャラクター相関図

ぱんでもにうむ 相関図

キャラクター紹介

青年

『リリス』『ぱんでもにうむ』における主人公である青年。放蕩を続けている父親より送られてきたお土産から出てきたサキュバスたちと退廃的で甘美な日常を送ることとなる。

サキュバス①

見た目にはロングヘアの美女だが、実はサキュバス。青年とのエッチにより栄養を得ている。

サキュバス②

黒髪ショートカットのロリ少女。実はサキュバス。幼そうな外見に似合わない性欲で、青年とのエッチを楽しむ。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(5/5)

全体的に満足できるシナリオとイラストでした。 あと自らくぱぁ~してくれるシチュエーション大好きです。

SVR50(2017年10月19日)

しなやかボディと高い画力から繰り出すセックスが魅力的! 単行本作品『ぱんでもにうむ』

ぱんでもにうむ』はなぱた先生による短編を多数収録したオムニバス形式の単行本作品です。『COMIC快楽天』などで大活躍している作家さんの単行本作品と言うことで、そのクオリティは折り紙付き! 無駄のない話作り、高い画力、そしてエロさなどどれを取っても一級品とも言える作品として仕上がっています。

収録短編数は12作品、その内、連作となっているのはサキュバス少女たちとの退廃的で甘美な日常を描いた『リリス』『ぱんでもにうむ』と義兄と義妹による浮気セックスを描いた『密会』『悪い子』のそれぞれ2作ですね。その他は独立した単話形式です。

なぱた先生作品の特徴は?

まず特徴的なのが先程も言った通り、高い画力。しなやか系のボディで描かれるエロシチュは高クオリティなものが多く、デフォルト的な絵柄がないだけに万人に好かれるものだと思います。

次なる特徴が、絡み(セックス)シーンが多いこと。
本作に収録されている話のほとんどは最低限の関係性を紹介した後はかなり早い段階でエロシーンへと突入する場合が多いです。
特にファンタジー設定のある『リリス』『ぱんでもにうむ』は本来であれば設定説明に描写を割くのが普通ですが、各キャラクターの名前などですら描写がなく、その殆どが絡みシーンにあてられています。

ただし、これは設定説明が雑なのではなく、これだけの説明で分かるほど一つ一つの描写に気を遣っていることが伺えます。
そして、その分削った描写は全てエロシーンにあててくれるのです。

エロシチュ重視とか……エロマンガ家の鏡かな!?

話作りは(比較的)現実的なシチュ重視! イチャイチャ系が多めだが、中には背徳的なものも!

なぱた先生作品は比較的、現実的なシチュが多いように思います。
リリス』『ぱんでもにうむ』のようにファンタジー設定を基盤としているものはありますが、それですら突飛な設定などを多用することはないです。

基本的には現実的な話作りを重視。その為、話を理解するのも容易く、少ない説明で納得できるシチュが多い。シチュエーション説明を少ない描写で済ませるなぱた先生ならではの手法だと思います。

そして、シチュエーションの多くはイチャイチャ系。ただ、中には浮気セックス系などの背徳的シチュも含まれています
比率としてはイチャイチャ系と背徳的シチュで8:2くらいの配分でしょうか。
より具体的に言えば、
リリス』『ぱんでもにうむ』『おしかけ』『バカンス』『Blush kiss』『なつやすみ』『おねがい横山せんせい』『呼びだされ』『HOLIDAY』の9作はイチャイチャ系です(中には妹との近親相姦系や単純なイチャイチャ系でないものも多数含まれますが)。

一方で背徳的シチュに該当するのが3作

そして、背徳的シチュであると思われるのが、
奈々子さん』『密会』『悪い子』の3作。特に『密会』『悪い子』は背徳感強め。
とは言え、ストレスに感じる描写はなく、いわゆる「隠れて浮気エッチ」というシチュです。
なのでイチャイチャ系好きにもそこまでのストレスなどは無いと思われ、これを機に浮気系に触れてみるのも良いかも知れませんね。

中でもお気に入りなのがサキュバス(?)2人とのセックスをひたすら書いている収録短編『リリス』『ぱんでもにうむ』!

本作、非常に高クオリティな話が多いです。
特に私は黒髪ショートカット系の女子には目が無く、『Blush kiss』『密会』『悪い子』の3作は何度も読み返しているほどにお気に入り。
しかし、今回はそれを差し置いて連作である2作『リリス』『ぱんでもにうむ』を推したいと思います。

本作の何が凄いか。それはファンタジー設定の美味しいところだけを抽出し、面倒な設定説明のほとんどを省いているところです。
この2作はサキュバス(?)2匹とのセックスをひたすら描いた作品に当たります。
ここで「サキュバス(?)」と表現しているのは登場するメインヒロインである2人(2匹)がサキュバスであるという明確な記述がないのです。
それで何故、2人をサキュバスであると断定しているのか。それは主人公の精を栄養としている様子などからですね。

設定説明を省くことで、その分読者の求めるシーンを描く!

このように設定説明について描写を割くような部分がほどんどない本作。なんならメインキャラクターの名前すら明かさない
ただ、本作はこれで良いのです。何故なら我々が求めているのはエロシーンなのですから!

つまり「何かサキュバスっぽい生物と日がなずっとエッチを続ける」という根幹設定さえ分かれば良い! それだけしかシチュ設定していないので、本作は絡みシーンが多く、満足感が凄い。

ちなみに登場するヒロインはモデル体型のロングヘア少女ロリ体型の黒髪短髪娘の2人(2匹)。
収録短編『リリス』ではモデル体型のロングヘア少女を中心として描き、『ぱんでもにうむ』ではロリ体型の黒髪短髪娘とのセックスを中心として描いています。

どちらの絡みも非常にオススメ。高クオリティなのは間違いないです。
ちなみに私は黒髪短髪娘の方がお気に入り。黒髪短髪好きなんだよなぁ…。

とは言えどちらのヒロインもそれぞれに大きな魅力があるので、その魅力を是非とも味わってみてください!

どんな人にオススメしたい作品か?

まず「抜きモノ」をお探しの方には是非ともオススメしたい作品です。
単純画力が高く、また必要のないシチュ説明を極力省いたシチュエーション作りはエロシーン特化であると言え、「抜きモノ」としてはかなり高いレベルにあると思います。
その他、イチャイチャ系好きな人にもオススメ。3作ほど背徳シチュがありますが、そこまでのストレス描写はないので、これを機に「背徳シチュ」にも触れてみてはいかがでしょうか。

要するにイチャイチャ系好きで「抜きモノ」をお探しの方には必読とも言える内容であると言えるでしょう。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)