ココがみどころ!

  • 人外娘中心! 鬼・植物・人魚・蛇娘とバラエティーにとんだヒロインたちが登場する。
  • 人外娘たちとのイチャイチャモノ! 誤読感が良く、すっきりと読める作品が多い!
  • 人外だけど可愛く、そしてエロい! ヒロインたちの「人物」描写に注目! 

キャラクター相関図

人外娘達の性事情 相関図

キャラクター紹介

蛇姫

蛇女。他の妖より「まだ人間を食べたことがないのか」と言われたことがきっかけで、人間を食うために旅人を誘い込む。

旅人

人間の男。宿に困っていた際、蛇姫のあばや屋へと泊まらせてもらう。蛇姫相手にも恐怖する事のない豪胆な人物。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(4/5) / ストーリー(4/5) / エロさ(4/5)

異種和姦系の作品です。 白黒なので色が付いてたらもっと赤鬼感が出て良かったのにと思います。 でも鬼っ娘とても可愛かったです。 今度は色付きの人外作品をお願いします。

kanaki(2017年10月20日)

「この作品には人間の女との性行為は一切ございません」!? 人外娘系特化作品『人外娘達の性事情』

人外娘達の性事情』はみぞね先生による短編4作を収録したオムニバス形式の作品となっています。
本作、表紙絵の横にはこんな注意書きが書かれています。

「ATTENTION!! この作品には人間の女との性行為は一切ございません」

その注意書きの通り人間の女によるエロ描写は一切ありません
本作を飾るヒロインは全員が人外! 人外系特化作品なのです!

人外娘達の性事情』の著者であるみぞね先生はその高い画力やエロ描写を人外娘中心に注ぎ込んでいるという一風変わった作家さん。
本作はみぞれ先生の短編4作を纏めた合併本であり、鬼娘、蛇娘、美少女マンドラゴラ、人魚(♀)の4キャラクターとのエッチな展開を楽しめます

「人外娘とのセックスをポジティブに、そしてエロく描いた」作品ばかりが集う!

本作に収録されている短編の特徴は「人外娘とのセックスをポジティブに描いていること」でしょうか。
人外とのセックスの場合、そのセックスを背徳的に描く作品も多いです。
「人でないものとセックスをする」という背徳感が作品のエロスを高めるからですね。

しかし、本作は全くの逆! 「人でないものとセックスをする」という事を逆手に取り、これらを純愛シチュエーションで纏めてしまっているのです。

つまり「種を越えてなお、育まれる愛」という言い方をするとロマンチックでしょう。
本作に収録されている作品はハッピーエンドばかり! 話の構成も巧みで相手が人外であるにも関わらず、イチャイチャ系、純愛系のシチュをこれ以上なく堪能できてしまいます

人外とのセックスであるにも関わらず楽しい作品という要素は本作の大きな魅力であると感じました。

人外娘相手なのに興奮できるの!? そんな疑問は無問題!

本作のテーマ的に気になるのは「人外娘相手に興奮できるのかどうか」だと思います。
私個人としては全く問題ないと考えています。
そもそも今回収録されている短編のヒロインは人間的なフォルムをした娘が多いです。鬼娘はほぼ人間と変わらないですし、マンドラゴラもほとんど人間の姿と言って良い。足の部分が人間とは違う娘である蛇姫と人魚(♀)についても上半身は人間と変わりませんし、膣もちゃんとあるため交尾することに関しても通常通りで問題ない。

あとはこの足のないフォルムについてですが本作(特に蛇娘の方は)、バストアップなどを多用しつつ描いているのでこのフォルムを意識することはあまりないです。
とは言えやはり足のないフォルムと言うのは違和感を拭いきれません。これについては個人によって感じ方は違うので、絶対大丈夫とは言い難いですね。

ただ、それを踏まえてなお、エロい描写は多いですし、話のイチャイチャ感も相まってヒロインに愛着も沸いてきます
そうなってくればもう人外モノに嵌まる事間違いなしです! 是非とも「普通」とはちょっと違う人外娘たちとの一風変わったイチャイチャを堪能してみてください!

中でもオススメなのが「蛇女」の登場する収録短編『妖のおもてなし』

私が本作の中で特にオススメしたいのが収録短編『妖のおもてなし』!
この短編の純愛感、構成の巧みさには参りました。後読感も良く、良いカタルシスも味わえます。

内容は「人間を食べたことのない」妖怪である蛇姫が旅人を誘いこむも、その旅人に惚れてしまうという純愛イチャイチャテイストの話ですね。

セックスシチュは王道のフ〇ラチオから正常位、騎乗位などのイチャイチャ感を楽しめるもの。
ヒロインである蛇姫が可愛く、さらには惚れてしまうまでの過程が実に丁寧で、とても良い。竿役である旅人も好感の持てる男であるのが素晴らしいですね。

エロさと言うよりも話の丁寧さ、そして蛇姫のちょろ可愛さにやられてしまった感じです。
その他の話も後読感が良く、それぞれのヒロインが実に魅力的に描かれているので、興味を持たれた方は読んでみると良いと思います。

どんな人にこの作品をオススメしたいか?

まずイチャイチャ系、特に純愛テイストの話が好きな人にこそオススメしたいですね。
話の作りも丁寧で、男女の仲も応援したいものばかり。関係性に癒されるテイストであると思います。

ただ、人外モノではありますが、変態性はほぼ感じないので注意。イチャイチャ系全振りなのでセックスなども王道を抑えたものがほとんど。あまり突飛なエロや背徳感のあるシチュはないです。

ただ、それだけに万人にオススメしたい感じ(人外モノであることを除けば)。人外モノが読みたいのであればまず本作から読んでみるのはいかがでしょうか。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)