初参戦! 「スカケダ コメンタリー上映会」&「おみつよ 第一話 先行上映会」!!

イベント参加するまでの出来事(ぷろろーぐ)

前々から、コミにゃん編集部で「上映会イベント楽しいよ~♪」と話題持ちきりになっているのは知ってはいたんです……ええ。ええ。

先輩たちの話を聞いたりレポートを見たりして、何度「ああ、楽しそうだな……生き生きしているな、ウラヤマ」と思ったことでしょう(羨望のまなざし)。

(↓先輩たちのレポート【上映会編】はこちらからご覧いただけます……!↓)

しかし、上映会イベントは東京のど真ん中で開催されるもの……参加するかどうか、色々と大人の事情で超絶迷っていました(当方、北関東住まい)。
――でも、迷えば迷うほど行ってみたくなるのが人の性というもの。

 

「迷ってるなら、一度行ってみたらいいんじゃない? おみつよの先行上映会もあるのだし(天のお告げ)」

 

ふと、そんな脳裏の声と周囲の後押し(主に編集部)が、私のハートに火をつけたのであります。
そうだよね、おみつよアニメの先行上映会で情報先取りしちゃいたいしね!(そこかよ)

そんなわけで、今日は私、「金属はぐれ」が「スカケダ コメンタリー上映会」&「おみつよ 第一話 先行上映会」に行ってまいりました!
のでので、さっくりとレポート書かせていただきますよ~!

(※注釈:スカケダ・おみつよについて分からない人へ)

TLアニメ(漫画が原作)のタイトルの略称です。
・「スカケダ」→「スカートの中はケダモノでした。
・「おみつよ」→「お見合い相手は教え子、強気な、問題児。
※リンククリックでコミにゃんの原作マンガレビューに飛ぶことができます★

 

新宿ロフトプラスワンに行くまでの道のりで、ゴジラ発見。
上映会イベントへの期待がさらに高まります……!(←ざ・おのぼりさん)

れぽーと(1) 開場するまでに感じたこと

新宿ロフトプラスワンって、地下にあるんですね(地下とは予想外でした)。

ライブ会場の施設と聞いてはいたのですが、はてさて内部はどうなっているのか思いを巡らせながら開場までの時間、この階段で待機することにしました。
席は自由席とのことで、好きな席を陣取りたいのであれば、早めに列に並んでいた方がいいとのこと(しかしチケットに番号があり、開場まではその番号順に並ぶよう運営スタッフさんに指示されました)。
12時開場ではありましたが、しっかり時間前にやってきている方々がチラホラいらっしゃいました。

若い女性や成人男性がきていたのはもとより、私のなかで一番印象に残ったのは「主婦を普通にやっていそうなオバチャン」

 

「ごくごく普通のオバチャンが上映会に来ている……原作もきっと読んでいるよね。ファンなんだね……そっかそっか……!」

 

そう思うと、私は無性に、でも密やかに「胸アツ」になったのです(ここだけのはなし)。

れぽーと(2) さて開場! 期待膨らむなか木魚セットオン!! ――飯ィ!!!

お腹ぺっこぺこだったこともあり、テーブル席に陣取りを決めた私。
飢餓状態なのでスペシャルコラボメニューが気になりますが、まず先に「いちごのパンツ」先輩に託された木魚をセットしました!(先輩ありがとう……!!)
そうなんです、今回のイベントも何故か木魚持ち込みOKだったのです。

(もしかしたらこのTLアニメをやっている時間帯が「僧侶枠」と言われているせい?)

 

サイリウムも持ち込みしている人がいて、どうやらキャラクターごとに公式カラーも設定されているようでした(案内の映像があったのですが、今回は写真に収めることができず……ぐぬう、無念です)。

 


そして今回のコラボメニューはこちら。
スカゲタのコラボは、ほぼ前回と同じメニューのようです(シュークリームは初お目見えですね。大人気で上映中に売り切れになっていました)。

上映会中に300円以上のメニューをオーダーすると、このあと行われる抽選会の抽選券がもらえるとのことで、「これは遠慮なく頼んだほうがいいな」と確信した私。

なぜなら、まだ編集部でこの抽選でアタリを当てたことはなかったようなので、せっかくなら当てたいよねと思いまして(ワンオーダー制だから、必ず何かは頼まなきゃいけませんし)。

……はい、数うちゃ当たるでしょ戦法です(お腹と背中がくっつきそうだったのも事実です←こっちが本音)

 

てなわけで、今回はシュークリームとエビフライとパンケーキを頼みました!
(軽食メニューもあったので、それもちょいちょいオーダーしました)

こちらは『宗二の「あの腕の傷」入りパンケーキ』!
これから先行上映される一話で出てくる「あの腕の傷」かー!

 

……とはあまり思わず、ムシャムシャ食べてしまいました(ぉい)。
だって本当にお腹が空いてたんだもの……。

シュークリームやエビフライは、速攻で食べてしまい写真を取り忘れましたw
(いや本当にお腹が空いていたもので……てへへ)
しかし、先に甘いものばかり出てきたので、すごくしょっぱいものが食べたくなってしまいましたw
ちょっとだけ欲求不満になったのは言うまでもありません。
(軽食は出てくるのに時間がかかると、事前にスタッフさんから説明は受けてたんですけどねえ~。ってなわけで、くっそ腹減らしていくのはおススメできません☆彡)

【れぽーと・こぼれ話 司会が豪華すぎやしないかい!?】

今回の司会は「おみつよ」の完全版・久我君役の声優さん、古河徹人さん!!
後から知ったのですが、エロ二次元界隈ではとても有名な方なんですね~。
司会のお声も爽やかで、進行するのに台本ないと無理と自信なさげにおっしゃっていましたが、全然しっかりと司会をしてくださいました。
そして、モノホンの声優さんを生で見れて「すげー!!」と、テンションあげあげになりました。

れぽーと(3) スカケダ・コメンタリー上映会! 裏話といじられまくる涼くん(笑)

ムシャムシャしている間にイベントは始まり、スカケダ制作者さんたち(監督・音響監督・原作漫画担当)がご登壇されました。

12話まとめて上映しつつ、ちょいちょい合間に制作者さんたちのコメント(というか対談?)が入ったりしたので、今回は前回よりもかなーりかなーり濃い目の上映会になったんじゃないかなーと個人的に感じました。

 

ワイプで出てくるお馴染みのウーパールーパーみたいなピンクのけだものちゃんは、「ケダモンちゃん」という正式名称であることや、その「ケダモンちゃん」をワイプに採用されるまでのエピソードが語られたり……。

さらに音響監督の「ひらさわひさよし」さんの涼くんへのイジリが容赦なく、「実は裏で静歌ちゃんをオトすためにいろいろ画策してるんじゃない!?」的なツッコミが要所要所でありまして。
「もう涼くん、黒幕だよね!」なんていう爆弾発言まで出てきて、会場は大盛り上がりでした。
(女装男子で、イケメンなのにね……←上の画像参照)
私も面白くて、ついつい木魚を拍手代わりにぽくぽくぽくぽくしまくりました!(食べながら!)

こんなに木魚を叩いたのは生まれて初めてです。

 

また、監督の「熨斗谷充孝」さんの発言に、エロにかける情熱やスカケダのキャラクターへの愛を感じたりもしました(すごく静歌ちゃんを愛でていたような気がします。確かに可愛い)。
女装男子時の涼君の長い髪を「みょうがカラー」と言っていて、女装時のキャラデザに一味欲しくてあのメッシュが入ったカラーになったのだとお話もしていました。

テレビ放映は終わってしまいましたが、コミックフェスタで通常版と完全版の配信をしているので、ご興味ある方はこちらからどうそ!

れぽーと(4)今回もミニライブあり! 出演者は、葉月さきさん!!

そしてそして、今回の上映会では「スカケダ」「おみつよ」の主題歌を担当している葉月さきさんのミニライブも!
木魚の使用は控えるようにと指示があったのですが、もちろんサイリウムの使用は問題なくむしろ大歓迎のようで(そりゃ当然)、葉月さきさんの公式サイリウムの色は水色でした!

 

……てなわけで、水色のサイリウムがひらひら舞う中でのミニライブとなりました。
それにしても、開演前にステージで流れていたのが「スカケダ」の主題歌「secret」で、静歌ちゃんを彷彿とさせるようなとても可愛らしい曲だなあと思っていたら、まさかのご本人の生歌を聴けるとは……!
一曲目に「secret」を聴けて、本当に感無量でした(耳が幸せになりました)

 

そして二曲目に「おみつよ」の主題歌「My one」。
こちらは「secret」の可愛らしさとは打って変わってソウルフルでスピード感あふれるカッコイイ曲で、まさか同じアーティストさんが歌っているとは思っていなかったのでびっくりしました!
最後のインタビューで、それぞれの曲に関する話題になったときに葉月さんは「可愛いとはほど遠いタイプなんです私……」なんておっしゃっていらっしゃいましたが、「いえいえ、美しいソプラノボイスと、そのギャップを感じさせるボーイッシュなところが超級に魅力的ですよ……♥」とお伝えしたくなりました。

 

「My one」ショートバージョンのPVも配信中です!

コミックのシーンがPVに使われていて、なかなか胸アツな仕上がりとなっています☆彡

れぽーと(5)ついにとうとう「おみつよ先行上映会」!!

ここまででもかなり濃くてボリュームがある状態でしたが、いやでも忘れちゃいけないもう一つの上映会。
――「おみつよ先行上映会」!!

いやー、これを観に来たんですよ、私。

 

放映されたのはもちろん通常版で、しかも今回のアニメは通常版と完全版で声優さんが違うという手の込みようですからね!
制作者さん側もかなり力を入れているんじゃないのかな~と思いつつ、先行上映のアニメを鑑賞しました。
心なしか周囲も静かにステージ上のスクリーンを見守っていたように思います。
(ちなみに久我君の初登場シーンで、宗二の「あの腕の傷」がでてきたときに、今さらさっき食べたパンケーキのことを思い出したのは内緒のお話ですw)

 

そしてなんやかんやと、お見合い相手の宗一郎と菜乃のラブシーンに突入します。
絡み合う舌と舌……と、結構きわどい感じの場面に……! ついに本番か……!?
というところで、

――このカットイン!

 

菜乃の「テレビじゃ観せらんないよぉ~(汗)」と困りつつもほやほや~っとした声にほだされたせいもあるのか、会場一致の笑い声!
エッチシーンの差し替えがどのようになるのかも気になっていましたが、まさかの「お取り込み中♥」
いやー、煩悩が一瞬だけ吹き飛びましたw(毒気を抜かれたともいうw)

 

そして宗一郎が、実は教え子の宗二だったことに菜乃が気づいたところで第一話終了。
原作イラストをバックに「My one」とスタッフロールが流れたところで先行上映は終わり、今度は「おみつよ」の制作関係者さまがご登壇しました。
今回のアニメ制作秘話も聞くことができ、ラフイラストまで拝見できてしまうというオイシイ思いもさせていただき……いやー豪華なご馳走をいただいたような気分になって脳内ウハウハしっぱなしでした。

 

また、写真の『宗一郎』と『宗一郎に扮した宗二』のメガネのデザインが違っていて「実は、モノホン宗一郎のメガネは特注で、宗二は似ているメガネを街中で捜したため」という裏話がありまして……「え、メガネ違ってた?」と首をかしげたくなり――


公開後のシーンを確認してみたら、うん、違ってた!
他にもいろいろと気をつかってアニメを制作しているようで、やっぱりかなりこだわっているんだなーと嬉しくなったことはもとより、エロシーンも今までの僧侶枠アニメよりも多いとのこと。

 

「それはそれは……これからも期待大じゃねーですか!!(心の声)」

 

グッと心のなかで拳を握りしめてしまったのは言うまでもありません。
そして、ラストは抽選会、その後、司会の古河さんのエロ台詞となぜか木魚のイッポクジメで上映会は無事に終わりました(イッポクジメは恒例行事になりつつあるようで……w)
「おみつよ」のアニメ、今後もますます目が離せなくなりそうです。

 

(↓さらに、アニメ公開後の大人向けネタバレ記事もコミにゃんで公開中です↓)

お土産もいっぱいもらってお腹いっぱい。そして抽選会の結果は……?(えぴろーぐ)

お土産もこんなにたくさんいただきました(写真ど下手くそでスミマセン、今後の課題にします)。
「おみつよ」クリアファイルと葉月さきさんのCD(「secret」と「My one」)、さらにコミックフェスタで使える1000円分のギフトカードまで。

 

……北関東から上映会に参戦した甲斐がありました……(滝涙)。

 

こんなにお土産貰っちゃっていいんですかねぇ……ありがたやありがたや。

そしてそしてさらにさらに――

どん。

 

ええ、サインです。
原作者のマルハナオ先生と、声優の小南静歌役の花影蛍さんと、霧島涼役の皐月栞さんの生サインです。

 

ふふ、そうなんです、な、な、なんと!
抽選会で「スカケダ」のアニメポスターが当たりました!!(わーいわーい編集部・初ー!!)
しかもマンガ家さんと声優さんの生サイン入り。
むちゃくちゃ貴重なものをゲットしてこれて、本当に感無量でした。
(お腹いっぱいコラボメニューを食べた甲斐がありました♥)

全体像はこんな感じです(←えへへ~、ちょっと自慢したい)。
持ち帰ったポスターは、コミにゃん編集部に飾っております。

 

いやー、時には遠出してみるもんですねー。
そんなこんなで、超絶級においしい思いをさせてもらった上映会でした☆彡

フォローしてね(=^ェ^=)