ココがみどころ!

  • イチャイチャ系がほとんど! ストレスレスに楽しめる単行本作品!
  • ヒロインの想いを丁寧に描いている部分に魅力有り!
  • イチャイチャ系でありながら、ちょっとした変態性があるのが魅力!

キャラクター相関図

恋におちよう 相関図

キャラクター紹介

沖慎市

収録短編『アセッちゃダメ2』の主人公である高校生男子。優等生である一方、匂いフェチで環の汗の匂いなどで興奮する性癖を持っている。

花村環

女子校生の少女で、慎一と付き合っている。由利の気持ちに気付く中で、親友と彼氏との間で揺れ動く。

由利

女子校生の少女で、慎一とは幼なじみ。実は慎一には片想いを寄せており、環にそれを打ち明ける。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(3/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(4/5)

絵はいまいちでしたけど、変態フェチ感があって物語的には満足しています。

はまちょん(2017年9月28日)

ヒロインの想いを丁寧に汲み取った作品が多い! 『恋におちよう』

恋におちよう』はフクダーダ先生による短編を多数収録したオムニバス形式の単行本作品で、純愛系、イチャイチャ系ジャンルの作品が多いです。

収録短編は9作収録、その内、連作となっている短編『アセッちゃダメ²』が5作、『亜希ちゃんとたーくん』シリーズが2作を占めます

アセッちゃダメ²』や『亜希ちゃんとたーくん』シリーズなどは付き合っている彼女との恋路を追っている作品ですね。残りの2作にしても基本的には恋路を追った作品と言って良いと思いますので、タイトルの通り「読んでいるだけで『恋におちたくなる』作品が多い」という印象があります。

イチャイチャ系なのでストレスレス! また、軽い「変態性」が混じるシチュなのが面白い!

イチャイチャ系なのでストレスレスにエロシチュを楽しめる作品が多く、そういう意味では癒される部分も多いです。また、フクダーダ先生の話作りの特徴としてはヒロインの気持ちを丁寧に描いた作品が多く、『アセッちゃダメ²』などはその典型とも言える作品となっています。

また、その他の特徴として軽い変態性が混じるのが面白いですね。
例えば『亜希ちゃんとたーくん』シリーズにおいては彼氏であるたーくんがスク水好きであったり、ブルマーなどに強い関心を抱いていることもあって、ヒロインとのイチャラブコスプレエッチを見ることが出来るという強みがあります。
その他の短編でも変態性のある作品が多く、その上でイチャイチャプレイを楽しませてくれるので、そう言ったシチュエーションが好みであるならばこの単行本作品を強く推すことができます。

中でもお気に入りなのがイチャイチャの中に三角関係を描いた『アセッちゃダメ²』

本作の中でも私のお気に入りが収録短編である『アセッちゃダメ²』。

本作は5話で構成されているのですが、大きく分けて2つのパートが存在していると言えるでしょう。
前半は彼氏である沖慎市君とその彼女(?)である花村環ちゃんのイチャイチャプレイが描写されます。ここでは匂いフェチである慎市による若干の変態性が混じったプレイを見ることが出来ます。

変態性のあると思われるプレイは次の内容です。

・足コキプレイ
・おしっこひっかけプレイ
・木陰に隠れての野外エッチ

などには若干の変態性が混じっていると言え、それがイチャイチャ系シチュエーションを盛り上げてくれます

後半では三角関係にゆれ動くヒロインの様子を丁寧に汲み取る

後半パートでは慎市君の幼なじみである由利ちゃんが加わって軽い三角関係が描写されます。

由利ちゃんと環ちゃんは親友の間柄。しかし、環ちゃんは由利ちゃんに対して慎市君との関係を話しておりません。そんな中、環ちゃんは由利ちゃんから「慎市へ片想いをしていること」を告げられます。

環ちゃんにしてみれば親友と好きな人の両方に挟まれることとなります。
その中で動揺し、ゆれ動く恋心。この辺りの心情を丁寧に追っており、それを中心とした話が後半のパートとなっています。

フクダーダ先生はこのようにヒロインにおける丁寧な心情描写に定評があり、ただただ変態性のあるエッチを描くだけではないところに好感が持てます。いや、それだけでも十分見応えがあるのですが…。

友情と恋心、その両方をバランス良く描写しており、尚且つエッチシーンは変態性のあるシチュで惹きつける! この辺りに大きな魅力のある作品であると思いました。

どんな人にオススメしたい作品か?

まず変態性のあるシチュ、およびヒロインの心情描写が丁寧という要素に惹きつけられるならば読んでみることをオススメします。

ただ、本作は2006年に刊行された作品となっています。従って絵の古臭さは否めません。よってシチュエーション重視という方にこそオススメしたいですね。

どちらにしてもイチャイチャ系シチュ、特にヒロインの心情描写が丁寧なので、その辺りが好きな人には特にオススメしたい単行本作品となっています。

toichi

フォローしてね(=^ェ^=)