多人数参加型オンラインRPG「ネバーランド」に「ネカマ」としてログインしたプレイヤー「筑波みなき」ちゃんは「違反者」として運営に捕まってしまう。その罰則として「セックスVRゲーム」のデバックに協力することとなったみなきは様々な形で犯されることとなった…。

ココがみどころ!

  • TSモノとして大きな魅力! 快楽堕ちまでをきちんと描いた王道系ストーリーが見どころ!
  • 「セックスVRゲーム」という設定を活かした特殊セックスが魅力! 現実には感じることのできない快楽、シチュエーションが面白い!
  • TSしつつのセックス、巨大ディルドでのオナニー、触手攻め、さらにはボテ腹プレイまで! アブノーマルな魅力が詰まっている!

キャラクター相関図

ネバーランドでつかまえてAlter2 相関図

キャラクター紹介

筑波みなき

多人数参加型オンラインRPG「ネバーランド」に「ネカマ」としてログインしているプレイヤー。しかし、ネカマは違反であるために運営へと囚われてしまう。その罰則として「セックスVRゲーム」のデバックを行うことに。

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

口コミは登録されていません

セックスVRゲームのデバック作業を強いられる少女(中身は男)が描かれる『ネバーランドでつかまえてAlter2』

ネバーランドでつかまえてAlter2』はサークル『せみもぐら』さんによる2次創作系同人作品です。『せみもぐら』さんの代表である由家先生が商業にて描いている作品、『ネバーランドでつかまえて』のセルフパロ第2弾。

本作では前作である『ネバーランドでつかまえてAlter』に引き続き、本編に登場するキャラクターを脱がしてエッチなことをさせています

今回、登場するのは本編の登場キャラクターである「筑波みなき」ちゃんです。みなきちゃんは「ネバーランドでつかまえて」の方ではネカマとしてオンラインRPGへとログイン、姫プレイをする裏表のあるキャラクターとして描かれています。

ただ、本作では裏表のあるキャラクターというよりは可愛い従順系キャラクターとしての面を重視して描写されている傾向にありますね。

本作、同人版では「ネカマプレイ」が違反となっており、それを理由に運営へと捕らえられてしまいます。その罰として「セックスVRゲーム」のデバッカーとして協力、中身が男であるにも関わらず女の子の身体で数々のエッチを体験することに。その様子や淫乱な変化などがエロい作品として本作は仕上がっています。

プレイ内容は? アブノーマルプレイや「セックスVRゲーム」という要素を生かしたシチュが魅力!

セックスVRゲームのデバッカーとして協力することとなったみなきちゃん。

彼女が体験するデバックシチュエーションは「感度を弄られてのセックスにおけるセルフ実況プレイ」「巨大ディルドでの実況オナニー」「複数の触手攻めプレイ」「妊娠プレイ」の4種類。

どのプレイも「デバックである」という要素を挟みますので、基本的には「セルフ実況」を挟むのが特徴。また、当然ながら「中身が男」であるためにTS要素もあるのが売りですね。

ちなみに「セルフ実況」についてですが、後半におけるみなきちゃんはかなりセックスに夢中になってしまうために、実況要素が薄くなります。ただ、その分淫乱要素が増すので、それもまた大きな魅力に繋がっている様子。

元々、「TS要素」がある分、マニアックなシチュエーションを楽しめるのですが、「セルフ実況」や「触手攻め」「腹ボテ」要素が加わることによりさらなるマニアックシチュエーションへと進化しています。TS要素としての魅力でもある「快楽堕ち」要素も今回はふんだんに含まれているなど、ボリュームとしては大満足の作品として仕上がっています!

ロリ体型の女の子を犯しまくるという背徳感が大きな魅力!

前作である『ネバーランドでつかまえてAlter』のヒロイン黒川あゆりちゃんは貧乳キャラとしてその種の需要を満たしてくれるキャラクターでした。

本作のヒロイン、みなきちゃんは貧乳キャラに加えてロリ要素も強いというロリコン大歓喜なキャラクターです。

そんな娘を一方的に犯すことができる! これは大変な魅力があります。感度や設定を弄って本来、ロリには入らないはずのオトナチ〇ポを突っ込めるという要素はそれだけで大きな価値があると言えるでしょう。

また、みなきちゃんは前作とは違い、完全屈服するのでその点も大きなオススメ要素です。

ハメられながら「(おま〇こ)使ってくれてありがとうごじゃいましゅ、もっと好きなだけしてくだしゃいっ♥」という完全屈服台詞は半端ないエロスがありました。

これに加えて腹ボテ、玩具扱い要素があるとか最高じゃん!?

ロリッ娘を良いように扱うという他人には言い難い欲望! これが本作では十分に満たすことができます。素晴らしい!

どんな人にこの作品をオススメしたいか?

まずロリッ娘をオナホ扱いする描写に魅力を感じる人には大きくオススメしたいところ。しかもこれらの凌辱がほぼ合意の上で成り立っているので、その分ストレスレスであるのは素晴らしかったです。

ただ、ロリを思いっきり犯すので倫理観などは何処へやらという描写。よって比較的ストレスレスであるとは言え、これらの要素に不快感を持ってしまう人は避けた方が無難であると言えるでしょう。

とは言えマニアックなシチュエーションを高いレベルで描写しきっていることは疑いようのない事実。シチュエーションに魅力を感じた人は読んでみる事を特にオススメしたいですね。

toichi

こちらの作品もオススメ!

関連記事はありません。

フォローしてね(=^ェ^=)