男でありながら美少女アバターとして多人数参加型オンラインRPG「ネバーランド」にログインしたプレイヤー「黒川あゆり」。プログラムを奪おうとして運営にハッキングを仕掛けたところ、捕らえられてしまう。そして運営によって美少女の身体を好き勝手に弄ばれてしまうのだった…。

ココがみどころ!

  • オンライン上で捕らえられた少女(中身は男)。女である身体を性的に開発されてしまうシチュエーションは「TSモノ」に当たる魅力!
  • TSを始めとして性的な開発や「壁尻」などのアブノーマルシチュエーションにも対応している!
  • 柔らかそうな身体や膣の描き方がエロい!

キャラクター相関図

ネバーランドでつかまえてAlter 相関図

キャラクター紹介

黒川あゆり

多人数参加型オンラインRPG「ネバーランド」にハッキングを仕掛けようとしたところを捕らえられてしまう。中身は男だが美少女アバターでログインしており、それを利用されてしまう。

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

口コミは登録されていません

TSモノ、凌辱要素などを楽しめる! 『ネバーランドでつかまえてAlter』

ネバーランドでつかまえてAlter』はサークル『せみもぐら』さんによる2次創作系同人作品です。『せみもぐら』さんの代表である由家先生が商業にて描いている作品、『ネバーランドでつかまえて』のセルフパロ。平たく言えば自分で作った作品のキャラを自分で脱がすという豪胆な作りのエロ本となっている訳ですね。

それは兎も角として、本作は「ネバーランドでつかまえて」の主人公、黒川あゆりを中心としたエロ本となっています。

黒川あゆりというキャラクターは連載本編でハッキングに失敗して運営のサポートスタッフとなり、ゲーム内にて働かされているという設定があります。

今回の『ネバーランドでつかまえてAlter』ではその設定を活かし、運営にハッキングを仕掛けた女性アバター(中身は男)がエロいお仕置きを強いられているという内容となっています。

よってTSモノを中心としたジャンルに当たるのですが、舞台がVRMMOであるということを活かし、透明人間になった運営が他キャラクターの前で主人公を犯したり、主人公が外へと出かけている最中、下半身だけをコピー、移動させてそれを衆人環視の中で弄りまくるとかいうアブノーマルプレイにも対応しています。

TSモノとしての魅力に溢れている!

本作はTS要素のある作品です。TSとはつまり性転換のこと、要するに思考は男だけど身体は女というわけですね。

本来は男ではあるけれど、ゲーム内では立派な雌の身体を持っている。

しかもこの身体は自由自在! そうなれば当然、弄り倒しまくるのが漢というもの(笑)

TSモノの魅力と言えば、「男であるにも関わらずに女の子になって犯されてしまう」という背徳的シチュエーション。そして、男では味わえない女としての性的快感を植え付けるというギャップが魅力となります。

本作ではどちらの要素も十分に含まれており、TSモノとしての需要は一定数満たすと言って良いでしょう。

凌辱的要素とそれによる征服感が魅力的!

本作は主人公の女の子(中身は男)を一方的に犯す「凌辱系」作品です。

逆らえない女の子を性的に自由にできる状況というのはかなりの征服感があります。

しかも現実にはできないアブノーマルプレイなども味わえると合って非常に興奮できる要素が満載。

さらに言えば凌辱からの従順になるという変化にも注目して貰いたい!

本作のキャラクター、黒川あゆりは序盤では比較的反抗的なのですが、後半では自ら奉仕相手のケツの穴を舐めつつ手コキに精を出すなど従順になっている様子が伺えます。

この性的変化が凌辱モノの醍醐味にもなる! 堪らねぇぜ!

征服感と性的変化によるギャップ! これもまた本作における魅力的要素となっています。

二次創作である本作。本編を読まずとも問題は無いか?

本作はセルフパロとは言え、二次創作に当たることは間違いないでしょう。
そこで気になるのが本編を見ずとも楽しめるのか否かについて、です。

結論から言えば、私は楽しめると思います。

本編冒頭で、「オンラインゲームにハッキングを仕掛けようとした少女(中身、男)が運営の性的玩具にされる」という設定が分かりますし、それさえ分かればエロシチュエーションは十分に楽しめます。

なにより私がこの二次創作から入っているので、楽しむという部分においては問題ないと言えるでしょう。

ただ、「本編を知っているとより楽しめる」ということも言っておきます。

黒川あゆりというキャラクターは本編では強気な少女(中身男)という感じに描かれています。それを知った上で二次創作に入るとそれだけでギャップを感じられることは間違いありません。しかもある程度、「皆の憧れ」と言う風な描かれ方もしているために、「あの娘がこんなエロいことを!?」という風な楽しみ方も出来るのです。

どんな人にこの作品をオススメしたいか?

まずTS系が好きな人には全般的に読んで損がないと言えると思います。

内容的は比較的マイルドな凌辱若干の快楽堕ち要素「壁尻」的なシチュエーション透明人間となって衆人環視の中、犯すというアブノーマル要素もまた、本作の魅力となっています。

ただ、若干絵に癖があることは否めません。しかしながら柔らかそうな身体、膣の描写など嵌まる人はとことん嵌まる絵柄であることは保証します。

シチュエーションについてはかなり凝ったものが見られると思いますので、そういう意味でもオススメ度が高い作品と言えるでしょう。


➪ ネバーランドでつかまえて第2弾のレビューはこちら

[blogcard url="https://cominyan.com/12519" title="ネバーランドでつかまえてAlter2" content="サークル『せみもぐら』さんによる2次創作系同人作品。商業にて由家先生として描いている「ネバーランドでつかまえて」をセルフパロした作品となっており、「ネカマ」としてログインした少女がセックスVRゲームのデバックとして協力させられる様子を描いている。"]
toichi

こちらの作品もオススメ!

関連記事はありません。

フォローしてね(=^ェ^=)