女子大生と教授(と僕)のありがちな 表紙画像
最新巻は1巻です。 (完結)

女子大生と教授(と僕)のありがちな

大学教授が女子大生を寝取るという、“ありがちな”リアルで官能的な物語。教授に彼女を寝取られていたこと、彼女がペニスに身も心も奪われていたこと・・・僕はまだ知らない・・・。

ココがみどころ!

  • ありがちな!教授が女子大生を寝取る!
  • 酷すぎる!沙依の裏切り行為!
  • 寝取られ感UP!2人の主観で描かれる物語!

キャラクター相関図

女子大生と教授(と僕)のありがちな 相関図

キャラクター紹介

B君

沙依とは幼馴染で同じ大学に通っている。

沙依

B君と最近付き合い始めた。K教授のゼミに属している。

K教授

女子大生に手を出しているという悪い噂がある。沙依に目を付ける。

総合評価

評価 星cc総合評価]個

イラスト

評価 星ccイラスト]個

ストーリー

評価 星ccストーリー]個

エロさ

評価 星ccエロさ]個

口コミを投稿する! 

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

総合評価  

イラスト(3/5) / ストーリー(4/5) / エロさ(4/5)

NTRとしてはよくできてます。 ただ女の子は嫌がってるはずなのに、逃げる素振りは無いし全然抵抗しない様子はちょっとマイナスかなと思いました。 あと絵がもっと綺麗だと嬉しいかな。

s-haya(2017年8月21日)

女子大生が教授に寝取られる…ありがちな、でもリアルに感じてしまう作品!

この作品は同じ大学に通う彼女が大学教授に寝取られてしまうNTR作品となります。

 

B君と沙依(さより)は、まだプラトニックな関係の初々しいカップル。

そこにK教授が割り込むようにして登場するのです!

 

ある夜、沙依が研究室で居残りしていると、突然K教授に襲われてしまいます!

その日を境に沙依と教授はズブズブの関係に・・・。

教授と一線を越えてしまった沙依は、B君にそれを告げることができないまま、このNTR劇場は続いていくのです。

 

寝取られ要素に的を絞ったストーリー。

女子大生が教授に寝取られてしまうという展開…ありがちな、、、でも、だからこそリアルに感じてしまう、そこが魅力の作品です!

沙依が抱える罪悪感がセックスと相乗効果に!

沙依は教授に襲われた日からB君への罪悪感が芽生えます。

しかしセックスの気持ち良さを知ってしまった沙依は、罪悪感というスパイスを加えて、完全に性へ目覚めてしまうのです!

そして最後に待ち受けている沙依の最低な裏切り行為は、まさにクライマックスに相応しい流れでした。

 

そんな物語の最終章、皆さんにはB君の気持ちになって読んでほしいです。

やるせない思いに胸が痛みます(鬱)

B君と沙依、2人の主観で綴られる心情!

『女子大生と教授(と僕)のありがちな』では、B君と沙依の2人の主観が描かれていて、場面によってその主観が切り替わります。

 

B君と沙依が一緒の場面ではB君の主観。

沙依が教授に寝取られて以降、沙依とB君に少しずつ距離が生まれるのですが、それを思い悩むB君の苦悩が伝わり、よりネトラレ感が増すのです。

 

そして沙依が教授とセックスしている場面では沙依の主観。

処女を奪われ犯されている時の心境、B君への裏切り行為に想いが揺れるところは絶妙です!

 

2人の感情の揺れ動く様子がよく分かるため、感情移入がしやすく、作品に入り込みやすかったです。

『女子大生と教授(と僕)のありがちな』感想まとめ

『女子大生と教授(と僕)のありがちな』は、物語の構成がよくできていて、NTR作品的には素晴らしいものでした!

主観の切り替え部分に、「ん?」となったりしますが、それは最初だけです。

あとイラストは好き嫌いが分かれるかと思います。

 

物語としてはノンフィクション作品のように、「ありがちな」寝取られがやはり良かったです!

教授と沙依の行為に胸がえぐられるので、そういうのがダメな方はダメかもしれませんが・・・。

 

でもこれ、寝取られる前にB君が沙依を抱いていれば、また違う展開になったのでは?と思っちゃいます。

要は「 寝取られる前に、寝ておけ! 」コレ大事。

B君には良い教訓になったと思います。

 

人生は何かと踏みにじられることが多いものです(哀愁)

NTR作品をお探しの方は、『女子大生と教授(と僕)のありがちな』を読んでみて下さいね!

 
プリンス

フォローしてね(=^ェ^=)