【R18ノーカットVer.】「スカートの中はケダモノでした。」第7話 過激すぎる観覧車エッチをネタバレ!

スカートの中はケダモノでした。第6話
 
テレビアニメ版「スカートの中はケダモノでした。」(スカケダ)の第6話「俺のこと、ちゃんと見てほしくて」は、”恋人候補”になった涼さんと静歌ちゃんが初デートの遊園地で突然の雨に降られて観覧車へ逃げ込むシーンで終わりましたね♪
遊園地へ向かう電車の中での痴漢プレイさながらのエッチにはちょっぴり驚いてしまいましたが、第7話のストーリーも、ケダモノを隠し持っている涼さんのコトですから、観覧車の中で静歌ちゃんにガバッ!と襲い掛かることが予想されますね(*ノ∀ノ)♡
それではさっそく、「スカートの中はケダモノでした。」(スカケダ)の第7話「第7話 煽ったのはキミだからね(R-18)」大人向け完全版ネタバレをご紹介しましょう。

スカケダ 第7話「煽ったのはキミだからね(R-18)」ネタバレ

雨宿りをするため、慌てて観覧車に乗り込んだ二人。
濡れて冷たくなった体をあたためるためにくっつくと・・・♡
 
スカートの中はケダモノでした。第7話
 
「こっちの方があったかいよ。我慢してたのに煽ったのは君だからね。」
「煽ったなんて・・・」
 

凉さん、やっぱり美人サン♡
 
静歌ちゃんを抱き寄せながら、どうして静歌ちゃんを選んだのかポツリポツリと話し出す凉さん。
 
「俺は、初めて会った時から静歌ちゃんの全部が好きなんだ。媚びたり猫をかぶったりしなくて、ありのまま接してくれる。いつも静歌ちゃんのことばかり考えて、会うたびにもっと好きになっていって、それに女装していることなんて絶対に引かれるって覚悟していたのにまったく気味悪がらないし。」
 
スカートの中はケダモノでした。第7話
凉さんにきゅん♡ってきてる!?
 
「女装のことは最初、驚きましたけど、その・・・似合ってますし私にとっては助かるというか・・・。」
 
スカートの中はケダモノでした。第7話
 
「そういうところも。好きだよ、静歌ちゃん。」
「涼さん・・・」
「静歌ちゃん、キスしていい?」
 

スカートの中はケダモノでした。第7話
 
「吐息・・・あたたかい」
「きもちいい・・・」
 
スカートの中はケダモノでした。第7話
キスだけでは終わるはずもなく・・・。
 
「もう湿ってる。脱いでおかないと後が大変だよ」
「恥ずかしい・・・」
 
スカートの中はケダモノでした。第7話
 
「腰をおろして。ちゃんとしがみつかなきゃ」
「でも、汚れちゃう・・・。」
「いいよ、そんなの。」
 
スカートの中はケダモノでした。第7話
 
「だ、だめぇ・・・そんな・・・あぁぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!」

テレビ未公開の過激シーン収録動画が見られるのはコミックフェスタ アニメZoneだけ!

スカートの中はケダモノでした。(スカケダ)第7話は、凉さんが自分の気持ちをまっすぐに静歌ちゃんにぶつけるシーンがとっても素敵で、思わずきゅ~ん♡ としてしまいました。
電子コミック版も読んでいた私ですが、このシーンは断然アニメ版の方がドキドキさせられましたよ。やっぱり、声優さんのボイスって最高ですね!
そして今回も予想通り観覧車の中でエッチシーンがありましたが、これまでよりかなり過激!
下着を脱がされ涼さんの指でイかされちゃった静歌ちゃん。その水しぶきは雨なの!?それとも(*ノ∀ノ)!?的な超エッチな状態でした。
観覧車1周だけでは足りなくて2周しちゃうかも♡♡
テレビでは未放送の過激シーンはコミックフェスタのアニメZoneでチェックしてみてくださいね。

フォローしてね(=^ェ^=)