ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド

無料で試し読みする!

みんなのレビュー評価

総合評価

評価 星5個

イラスト

評価 星5個

ストーリー

評価 星5個

エロさ

評価 星5個

口コミ件数

1 件

レビュー投稿はこちら

作品紹介

あらすじ

水龍敬ランド、そこはビッチとヤリチンが集まる性の開放を謳った楽園――今日もセックスを楽しむために多くの人々がこのランドを訪れる。ランドを始めて訪れることとなる青年のユウタは、どこを見ても「性」に溢れているテーマパークに圧倒されていた。一方、一見しておとなしい女性であるマイもまた、自分を上手く開放できずにいたのだが…。

ココがみどころ!

  • 性の楽園である水龍敬ランド! その性的すぎるテーマパークに圧倒される!
  • 性のテーマパークとして設定の作り込みが見どころ!
  • 「解放された性」による光景はまさに酒池肉林と呼ぶに相応しいもの!

キャラクター相関図

ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド 相関図

キャラクター紹介

ユウタ

おとなしそうな優男風の青年。初めての『水龍敬ランド』だったが、次第にランドでの楽しみ方を心得ていく。

マイ

一見して内気そうだが、セックスが大好きな黒髪ショートカットの女の子。『水龍敬ランド』を訪れたことにより性を解放し、心ゆくまでセックスを楽しむ。

ユキ

マイの友人であるロングヘアの女性で、性に奔放なバイセクシャル。本当はセックスが大好きだがムッツリというマイを『水龍敬ランド』へと誘う。

カイ

見た目からしてヤリチンの男性。『水龍敬ランド』の常連で、スポーツ感覚でセックスを楽しんでいる。

コミにゃん編集部のレビュー

toichi

このレビューはtoichiが書きました!

楽しい! 気持ちイイ! スポーツ感覚でヤれ! という理想を実現したテーマパーク、『水龍敬ランド』

ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド』は水龍敬先生によるシリーズ作品で、「性の楽園のようなテーマパーク」を描写した内容となっています。

元々は同人作品であった本作ですが、その後、電子書籍化ゲーム化、アニメ化まで果たしているという人気ぶり。このページでは基本的に電子書籍化されているものを取り扱うこととしますが、その世界観、メディアミックスの広がりが留まることをしらないほどの勢いです。

本作の良いところを一言で言い表すとするならば、「明るい風俗テーマパーク」であるところでしょうか。通常、セックス、あるいは風俗などのテーマは後ろ暗い、アンダーグラウンド的な側面で描かれることが多いです。それを敢えて「明るく」描いたのが本作。

お陰で「セックスは楽しいもの! 気持ち良ければ全てオッケー! セックスはスポーツ!」という水龍敬先生らしい性癖がこれ以上なく詰まった素晴らしいテーマ性を持った作品が産み落とされました。天才かよ。

明るく楽しいセックスを実現するための設定が事細かく、それだけでワクワクする!

ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド』最大の魅力は「明るく楽しい快楽セックス」だと思うのですが、それを実現するための舞台設定にも力を入れており、その設定を読んでいるだけでもエロいというのが本作の特徴。

まずセックスをする場合においては色々気を付けなければいけないところがありますよね。それは当然、子作りと性病。いや、他にも色々あると思いますが、中心となるのが先の2つであることは間違いないでしょう。
通常のエロマンガであればこれらの問題を敢えて取り上げることでエロスを発揮する、あるいは描写しないという方向。学生であるのにも関わらずに無責任に中出しする描写があるなどがその典型ですね。
いや、エロマンガなのだから…という一言で、この問題を片付けることは可能なのですが、この問題さえ取っ払ったのが本作。

『水龍敬ランド』は夢が溢れている場所!

『水龍敬ランド』では入場する前に性病の検査証提出が義務付けられており、さらに男性には極薄の専用ゴムが装着されます。このゴムは精子「だけ」の働きを殺し、子作りができないようにするための措置。なので『水龍敬ランド』では「子作りの心配なく、中出しし放題」とかいう夢のシチュエーションが実現します。

政府は一刻も早く、この専用ゴムの開発をするべきではないだろうか!

…という主張はともかくとして、先の設定があるために、ここのランドにいる間はセックスをスポーツ感覚で楽しむことができるのです! やはり天才か…。

セックスのテーマパークという面目躍如! さまざまなアトラクションがセックスを盛り上げる!

『水龍敬ランド』は「性の解放」を謳ったテーマパークです。にも関わらず、セックスする場所だけを提供なんてそんな野暮なことはありません。

まずは初心者向けのアトラクションである「姦乱者」をご紹介! アトラクション自体は普通の観覧車なのですが、とあるルールが設定されています。

それは「必ず男女一組で乗り、さらには観覧車が1周する間は一緒になった異性に何をしてもオッケー」というもので、セックス相手を出会わせるためのアトラクションとなっているのです!

これに乗り合わせる男女はお互い「セックスを求めてきている」ことが前提となっています。だから遠慮することはありません。存分に相手とセックスすれば良い!

なにこのアトラクション、早く実現しないと!

このように『水龍敬ランド』ではセックスを補助するための仕掛けがたくさんあります! 『お化け屋敷』『ヤリパコホール』『出会いトイレ』『ヤリトモハウス』『ディルドーカルーセル』など他にもたくさんのアトラクションがあり、これら全てが性的な仕掛けを施したアトラクションとなっています。
設定も全て凝っており、性的なテーマパークという名に恥じないアトラクションがそこかしこにあるのです!

さらにはイベントが「楽しいセックス」を盛り上げる!

この『水龍敬ランド』の面白いところは通常のテーマパークよろしく「性的なイベント」が園内にていくつも開催されているところです。

連日夜に行われるパレードでは花火などが多数打ち上げられ、そんな熱い雰囲気に合わせて皆が獣のようにセックスしている様子が描写されていますし、ハロウィンイベントなどの季節イベントも開催されています。当然性的な内容であることは言うに及びません

当然、女性向けのイベントもたくさん開催されています。その内の1つが『ザーメンタンクチャレンジ』。女性は使用済みコンドームを20回分集めると景品がもらえるというものです! これはビッチが加速しますね…(笑)

『水龍敬ランド』では外での価値観や地位など関係ない!

設定やテーマパークなどにも趣向を凝らしており、これらの設定だけでもエロい『水龍敬ランド』。
しかし、重要ななのがここを訪れる人々! そこにも手抜かりのないところが、本作の素晴らしいところです。
電子書籍版は6巻まであるのですが、これらは1巻ごとに視点となるキャラクターが違ってきます。

1巻はテーマパークの説明も兼ねているため、ランド初心者の青年であるユウタ君と同じくランド初心者であるマイちゃんが中心となって描写されるのですが、中心として描写される男女は実に様々

『性の解放』がテーマとなっている『水龍敬ランド』。外での価値観や社会的地位は関係ないのですね。そういう意味では実に幅広い人々が訪れます。

これらの『性的テーマパーク』に訪れるのはヤリチン、ビッチ、ヤリマン、OL、同級生、アイドル、巫女などなど…

『水龍敬ランド』には人妻が訪れるのはもちろん、仲の良い同級生の男女で訪れたり、男性1人でパコりに来たり、中には夫婦で訪れる人達もいます。貞操観念が重要であるはずのアイドルですらこのパークではビッチのヤリマンです。パーク内で活動しているアイドルは性をテーマとした歌を歌い、ステージ上ではオナニー、犯されるのが当たり前! 握手会ならぬパコり会とも言うべきアイドルイベントが開かれるところからも『水龍敬ランド』の素晴らしさが伺えます。処女が基本とか言われる巫女ですらも『セックスの神様』に仕え、性的な舞を披露するのだから感動で溜息が漏れてしまいます。

どのキャラクターも魅力ある「ビッチ」ばかり! きっと皆さんも大好きな「ビッチ」に出逢えます!

ちなみに私が好きなキャラクターはアイドルグループ『ホーニー☆セントリー』のツバキちゃん。上品な口調と、上品そうな外見から描かれる性的な乱れ具合が溜まりません! 是非とも『ほにほにキャラバン』と呼ばれる番組を見てみたい…(内容はホーニー☆セントリーのメンバーがセックスを代価にヒッチハイクしながら目的地へと向かう企画であるそうです)。

どのキャラクターも普段と性的なギャップが色濃く描かれていることが多いので、皆さんもきっと性的に好きなキャラクターが見つかることでしょう。どの娘も可愛くて、エロくて素晴らしいですよ!

どんな人にオススメしたい作品か?

まずビッチモノが好きな人には是非とも読んで戴きたい作品ですね。
「性の開放」が作品全体のテーマとなっているため、「明るい酒池肉林」とも言うべき描写が全体的になされています。

絵もレベルが高く、文句の付けどころがない。細身でありつつも出るところは出ているという理想的なエロ体型で描かれ、万人にオススメやすいですね。

ただ、水龍敬先生作品全般に言えるとは思いますが、エロとは言え下品方向に全振りしている描写であるため、それらが苦手な人にはオススメしづらいという側面も。ギャップを色濃く描くためにではありますが、これ以上なく崩したアヘ顔をヒロインが晒してしまうためにその点にも注意ですね。

とは言え、魅力ある設定、エロ過ぎるヒロインたち、肉欲度の高い描写などオススメできる要素が多い作品であるため、万人にオススメできる作品ではあると思います。

toichi

このレビューはtoichiが書きました!

ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド

ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド

無料で試し読みする!

ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランドのレビュー

大盛り太郎

2017年8月31日

明るいエロって良いですね!!
暗くてエグいエロ漫画は苦手なので、こういった作品が好きです♪
また、明るくてバカっぽい作品と言われるかもしれませんが、意外と設定がしっかりしてて、本当にこんなテーマパークあったら良いなぁって思っちゃう魅力的な作品です。
ずばり!!面白かったです。

総合評価

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(5/5)

レビュー投稿はこちら

水龍敬先生の他の作品

こちらの作品もオススメ!

レビューの投稿

» ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド のレビューを投稿しませんか?

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン