とある村の筆下ろし事情

無料で試し読みする!

みんなのレビュー評価

総合評価

評価 星4個

イラスト

評価 星4個

ストーリー

評価 星4個

エロさ

評価 星5個

口コミ件数

2 件

レビュー投稿はこちら

作品紹介

あらすじ

とある田舎の村には「年上の女性が童貞少年の筆下ろしを行う」という風習があった。童貞の少年である拓海は美人で優しい女性である千尋さんに筆下ろしをしてもらう。

ココがみどころ!

  • おね×ショタ本としては王道にして外さない1冊! 可愛い少年を優しく包み込んでくれる母性、身長差など徹底的なまでに作り込まれた至高の作品!
  • 優しい女性に甘えセックス! どこまでも包み込んでくれる千尋さんの魅力が堪らない!
  • ショタの男の子が攻めに回っても、余裕をみせた表情で「お姉さん」を崩さないところに大きな魅力!

キャラクター相関図

とある村の筆下ろし事情 相関図

キャラクター紹介

拓海

童貞の少年。村の風習に従ってくじで決まった相手である千尋さんに筆下ろしをしてもらう。

千尋

古い日本家屋に住んでいる女性。優しく包み込んでくれるような魅力があり、童貞である拓海にも丁寧に手ほどきしてくれる。

コミにゃん編集部のレビュー

toichi

このレビューはtoichiが書きました!

おねショタ本としての魅力! 初心者向けにして絶対的王者の貫禄を持った鉄板的1冊!

とある村の筆下ろし事情』は質の高い「おねショタ」本を出し続ける作家、野良ヒグマ先生による渾身の作品です。おねショタ初心者にもオススメであり、且つ絶対的王者の風格を持った至高のおねショタ本となっています。

舞台は田舎のとある村。そこでは「年上の女性が童貞少年の筆下ろしを行う」という素晴らしい風習があり、それを中心にして物語が描写されています。

童貞少年である拓海君が美人の優しい女性、千尋さんを相手に筆下ろしを行うという内容で、話はそれが全てです。しかし濃厚なセックス描写千尋さんの包み込んでくれるような優しい母性の魅力そして「おねショタ」の魅力の根源でも求めるかのような無駄のない洗練されたキャラクター作りが我々おねショタ好きを唸らせるのです。

童貞に優しいお姉さん、千尋さんの魅力がこの作品の大黒柱!

この作品はヒロインの女性である千尋さんの魅力なしには語れないところがあります。

まず見た目が素晴らしい。セミロングの気品ある髪型、色気のある表情、母性を象徴する胸は当然、巨乳! そしてちょっと垂れ気味なところに年上の色気が垣間見えます。身体つきは細すぎず、適度に肉の乗った太ましい感じですが、しかし決して太っているわけではない

優しい年上女性としてはまさにパーフェクトな見た目の女性! この辺はさすがヒグマ先生と言ったところでしょう。

ここからは具体的な描写に移っていきますが、正直言って全てが完璧すぎます。

まず拓海君とのご対面時。緊張している拓海君を抱きしめ、そして「優しくしてあげる♥」とささやく。
緊張を隠せない童貞少年への気遣いにグッとくる描写です。もうこの時点で、「全てを任せても良いんだ」と分かってしまいます。甘えても良い女性かどうか、これがおねショタ作品では極めて重要なのです。

つぶさな気遣い、そして少し控えめな性格にグッと来る!

その魅力的なおっぱいに思わず視線を落としていた拓海君。その視線に気づいた千尋さんはその魅力的な乳房を自ら晒してくれる。どうですか、この気遣い! 「おっぱいが見たいけど、そんなこと言ったら嫌われないかな?」と遠慮しているショタに対して、リードしてくれるこの様子! 母性に溢れすぎィ!

しかもおっぱいを見せた後は「ごめんねぇ、大きいだけできれいじゃないでしょ…」とちょっと控えめな様子をみせる。この感じが堪らない! おねショタでは女性側が絶対的な立場を持つわけですが、しかしだからと言って偉そうにされたら興ざめです。そこはショタに歩み寄って戴きたい。これを千尋さん、天然でやっているところが素晴らしい!

ショタの失敗にも冷静に対応! この母性こそ魅力の象徴!

そして、おっぱいを堪能していた拓海君。その余りの魅力に思わず触ってもいないのに射精してしまう。童貞とは言え、男としては自信喪失してしまいかねない状況。

しかし、この状況に対しても千尋さんの神対応が光る
ビックリしちゃった? 大丈夫…大丈夫よ♥」と微笑みながら抱きしめ、優しく包み込むのです。ショタの立場から言ってこの状況で一番嫌なのはお姉さんに失望されることですからね。これをすかさずフォローしてくれる千尋さん。素晴らしい対応力、感服します。

フェラチオからの挿入! 千尋さんの神対応に驚嘆!

おっぱいの魅力に暴発してしまった拓海君。これを千尋さん、口で綺麗にしてくれます。
ちんちんを出した時もやはり千尋さんの一言一言が素晴らしい。
まあ♥ こんなに固くしてうれしい♥」と、笑顔で言ってくれる。

この人、どこまで天使なんだよ! 甘えたくて甘えたくて仕方がなくなるわ!

フェラチオが終わればここでようやく挿入。挿入の時も手間取る拓海君に対して、どこに挿入すれば良いのか、しっかり教えてくれるところがやはり最強の母性ある女性と言ったところ。

覚束ない様子で腰を振る拓海君に対して、優しく見守る千尋さんの母性!

セックス時はお姉さんとショタ側で身長差があると、非常にグッとくるものなのですが、この絡みではそれを感じさせる描写をつぶさに挟んできます。手抜かりは一切ありません。

そして、拓海君の挿入時。ここでは終始余裕をみせた表情。そして懸命に腰を振ろうとする拓海君をそっと見守るのです。覚束ない様子で腰を振る拓海君に対して「がんばって♥」と応援する。

やがて挿入からの中出しで一通りの筆下ろしを済ませた拓海君。
そんな彼に千尋さんは「気持ちよかった? 初めてなのにちゃんとできてえらいわね…♥」と褒めてくれる。

こんなにも優しい筆下ろしがこの世にあるでしょうか!?

激しい性の衝動に目覚めた拓海君に対しても千尋さんは終始優しい!

この後も優しい千尋さんに甘える拓海君とのセックス描写が続きます。
完全に性へと目覚めた拓海君は、その性の衝動を千尋さんに思い切りぶつけるのです。

それでも母性ある対応をみせ、終始彼を優しく受け止める千尋さんが素晴らしい!

慈しみのある笑顔で彼を受け止め、何度となく性の衝動を受け止める。
夜の間も我慢できずに夜這いを仕掛ける拓海君に対しても「まだしたりたりなかった? いいわよ、いらっしゃい…♥」とどこまでも優しい。

しかも千尋さんは満更でもない様子。「覚えたてのコの性欲ってスゴイ…♥」と考えながら、その衝動を受け止める。

こんな筆下ろしを私も体験したかった!

このようにおねショタとしては至高の作品。自分を拓海君に重ねてどこまでも優しい女性、千尋さんに皆さんも甘えてみてください。本当に素晴らしいおねショタ作品であることは私が保証しますよ!

toichi

このレビューはtoichiが書きました!

とある村の筆下ろし事情

とある村の筆下ろし事情

無料で試し読みする!

とある村の筆下ろし事情のレビュー

くまくーま

2017年8月18日

千尋さんの母性半端ないですね。
全てを委ねたくなっちゃいますw
おねショタにはたまらない作品ですね。

総合評価

イラスト(4/5) / ストーリー(4/5) / エロさ(5/5)

沼川

2017年8月16日

千尋さん最高っす!
めっちゃ甘えたいっす!!

総合評価

イラスト(5/5) / ストーリー(5/5) / エロさ(5/5)

レビュー投稿はこちら

ひぐま屋先生の他の作品

こちらの作品もオススメ!

レビューの投稿

» とある村の筆下ろし事情 のレビューを投稿しませんか?

※登録不要で投稿できるので身バレの心配はありませんが、作品や作者様への誹謗中傷や、他サイトからコピペしただけのレビュー等は管理者側で削除させて頂く場合があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

イラスト

ストーリー

エロさ
アイコン